[PR Review] Rakuya 耳栓付き立体アイマスク

スポンサーリンク

 この度は Rakuya Japan より立体アイマスクのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は立体構造により素材がまぶたに直接触れること無く遮光してくれるアイマスクである。付属する耳栓は MOLDEX ライクなデザインで遮音性がかなり高いので、アイマスクとの併用で多少の光や音のある場所でも睡眠を取ることが出来そうだ。

パッケージ及び内容


 パッケージ内容はアイマスクとケースに入れられた耳栓となる。

外観


 冒頭に書いた通りに立体構造をとっているので、直接目に素材が当たる事も無く自然な遮光具合となる。
 マジックテープの素材は硬いザラザラした側の毛羽立ちが非常に短いタイプの物を採用しているので、調整時に肌を傷付けにくくなっている物であると感じた。余り見かけたことの無い面白いタイプである。

使用感

 筆者が本製品を装着した所の写真は次の通りに。
 20160609-DSC_0032
 ちょうど鼻の位置がぴったりと合って居るのだが、鼻の高さが合わない。鼻の部分は調整手段が無いので鼻翼の辺りから光が入り込んでしまった。鼻の高さには個人差があるにしろ、日本人はそう高い物でも無いから多少の調整手段は欲しい所である。
 付属の耳栓に関しては指で摘まんで縮めてから耳の穴に入れ、元の大きさに膨張するのを待つだけで良い。しっかりと密閉しつつも遮音してくれる。TV の音声も聞き取りづらいレベルにまで聞こえなくなったので相当な物であると思う。見た感じ MOLDEX 製かな? と思うようなデザインであるが詳細は不明。

おわりに

 ある時期からアイマスクには一時期凝っていて、付けてないと寝られない様な時期もあった。しかし、目に直接長時間触れる物だから衛生的にどうかなと思ってからは使用を控えていた。
 本製品であれば、直接目に触れることは無いので衛生面に於いても多少は安心して使い続ける事が出来るかと思う。個人差により鼻の所から光が入ってしまう所はどうにもならなかったが、部屋の電気をしっかり消して上げれば使えない事は無い。「それってアイマスクとしてどうなんだろう」と言うお話しはさておき。
 耳栓に関しては使い捨てを想定した素材であると見受けられるので、汚れが酷く気になるようになったら適当な物に買い換えた方が良いかと思われる。

スポンサーリンク