[PR Review] Syncwire SW-MC013 / MicroUSB ケーブル 1m 2 本セット

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度は Syncwire より SW-MC013 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はケーブル表面を網の目のようにしたナイロンで覆った高品質を謳う MicroUSB ケーブル 1m の 2 本セットとなる。ケーブルに癖が付き辛く、ザラっとしつつも滑らかな手触りと感じる。特に MicroUSB 側の端子はキツすぎず、デバイスへの接続が非常にスムーズな点が長所であると思われる製品だ。

パッケージ及び内容


 MicroUSB ケーブル 2 本セットであるから小箱である。

ケーブル外観

 シールドは極普通、ピンは金メッキ処理されている。尚、Type-A と Micro-B のシールド間は導通無しのタイプであった。


 ケーブルは冒頭にも書いた通り、一般的なケーブルの上からナイロン素材でコーティングした物となっている。この為、癖が付き辛くストレートに伸びやすいので、取り回しやすいし手触りも新鮮な感じで心地よい。
20160618-DSC_0015
 商品ページよりケーブルの構造を示す画像を転載すると次の様になる。
Cable
 ケーブルの中心には防弾チョッキなどに用いられるケブラー素材を入れ込んでいるので、物理的な耐久性は高いと思われる。オフィシャルでは曲げ 7,000 回以上に耐えるとのことだから、多少乱雑でも大丈夫なのかなとも思う。

使用感

 ここ最近触れたこの類のケーブルとしては、Micro-B 端子のはめ込み感が凄くスムーズで驚いた。デバイスのメス端子に対してギチギチにキツくぴったりでは無いので、さほど力を入れずともカチっと接続が出来た。

 今回、ケーブルの品質を見るためにデバイスの充電を行うときの電力量を見る事とした。
 結果としては写真通り、ほぼ仕様上限に近い電力を以て充電を行うことが出来たので、給電に於ける品質は何ら問題のない使用が可能であると分かる。

おわりに

 筆者としては一番使いやすいと思う 1m のケーブル長が 2 本セットになっているので、携帯用にも自室用でも活用出来そうだ。
 1 本あたり約 500 円と若干高く感じる部分があると思うが、その分、ケーブル的にも外観的にも品質は値段分の物だけあると感じている。

スポンサーリンク