[PR Review] Mpow Magneto 改良版 / AptX 対応 Bluetooth ワイヤレスイヤホン

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度、Mpow より AptX 対応 Bluetooth ワイヤレスイヤホンである Magneto のご提供を頂いたので、レビューをお送りする。
 本製品はハウジング同士がマグネットでくっつくギミックを持ったイヤホンで、AptX コーデック対応によりワイヤレスであっても低遅延で音楽を再生することが出来るイヤホンだ。

技適マーク表示有

パッケージと内容


 筆者が技適マークに対し、厳格になる以前に書いた旧 Magneto では技適マークの表示が一切無かった。しかし、改良版ではパッケージと本体にも正しく表示されるようになった。これはとても喜ばしいことでもある。
 くどい様だが技適は取得済であっても表示が無ければ意味も無いので、ワイヤレス製品購入時には先ず注視したい所だ。

 同梱品は旧製品よりもイヤーフックが 1 種類増えて装着ガイドの紙も追加されている。イヤーピースの色は赤から黒へと変更されている。
20160828-DSC_0088

20160828-DSC_0091

スペック

Bluetooth Ver. : 4.1
Bluetooth Profile : HSP, HFP, A2DP, AVRCP
最大通信距離 : 10m (Class2)
通話時間 : 最大 8 時間
音楽再生時間 : 最大 8 時間
待機時間 : 300 時間
充電時間 : 最大 2 時間

イヤホン外観


 Magneto と名の通り、ハウジング同士がマグネットでくっつくので未装着時には首へかけてネックレスの様な感じに身につけておくことが可能だ。
 充電端子は右ハウジングのゴムキャップ下にあるので、充電は MicroUSB ケーブルを接続して行う。
 リモコンは一般的な 3 ボタンタイプなので、操作は普通に押すか長押しするかで操作形態が変わる。

使い方

 先ずはペアリング。3 つある真ん中の「○ボタン」を本製品電源 OFF の状態から 7 秒長押しする事でペアリングモードに入る。接続したいデバイスで Bluetooth 機器の検索を行うと Mpow Magneto というそのままなデバイス名で見つかるので接続を行う。
 基本操作方法は

  • ○ボタン : OFF の状態から 3 秒長押しで電源 ON、ON の状態から 4 秒長押しで電源 OFF、OFF 状態から 7 秒長押しでペアリングモード
  • +ボタン : ボリュームアップ。長押しで次の曲を選曲
  • -ボタン : ボリュームダウン。長押しで前の曲を選曲

 音楽再生時に便利な機能としては更に、ハウジング同士をくっつけると再生が一時停止されて離すと再び再生される機能もあって面白い。

音質チェック

 これはいつも通りに Xperia X Performance 上でプリインアプリのミュージックアプリにて DreamTheater Greatest Hit: & 21 Other Pretty Cool Songs よりハードなプログレッシブロックから静かなバラードまで数曲チョイスして試聴を行った。
 旧 Magneto とはチューニングが異なっており、低音よりに中域まで引っ張られるような感じも無く、自然な低音をドライブしつつ中高域の音も自然な音となっていた。曲によっては若干高音域が目立つ印象もあったが、つんざくほどでもない。
 筆者としては特にイコライジングなどで各音域のレベルを弄ること無く、フラットなままでも音楽を聴くには充分な音質であると感じているので一個人としては確かに改良されていると実感出来る音だと言える。

おわりに

 元々評判の良かった Magneto であるが、本製品では付属品や音質からも改良されていると分かるし、何よりも技適に関して正しく対応している点も非常に印象が良い。
 低価格帯の Bluetooth イヤホンの中でも更に人気が出るのでは無いかなと思える製品に仕上がっていると言えよう。


 

スポンサーリンク