[PR Review] PLEMO 直径 120cm グラスファイバーの骨を 16 本採用したジャンプ傘

スポンサーリンク

 この度は Claybox Limited より PLEMO ジャンプ傘のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は 16 本と一般的な傘よりも多いグラスファイバー製の骨を採用した大きくても強度を保ったジャンプ傘である。直径 120cm (弧長 140cm) もあるので体の大きな男性でもすっぽり入る。
 大きな傘を探している人に是非オススメしたい傘だ。

外観


 立てかけた状態で長さ 102cm、重さは実測で 715g と少し重め。


 石突きはしっかりとした金属製となる。プラスチックを採用した製品も多いが、割れると機能的に問題がなくても外観を損ねるからありがたいところと思う。


 本製品はジャンプ傘であるからスイッチが付いている。面になっているから指当たりも良い。


 傘を開いてろくろ部分を見ると、骨が 16 本もあるだけあって複雑そうな構造になっている。作りはしっかりしているのでろくろが壊れるようなことはそうそうないだろうかと思われる。


 親骨と受骨をつなぐ「だぼ」は金属製。良く見ると布同士の縫い目が均一かつきっちりしている。


 傘を開いた状態ではサイズも相当な事から 4 人がけのダイニングテーブルの上に乗せてみた。とにかく大きい。

使用感

 身長 179cm の筆者でも大きいと感じる程に大きいので多少の雨風なら肩までがっちりカバーしてくれるだろうと思われる。
 残念な事に本記事を執筆し始めた時点では天気も良く実際に雨の中を歩くことは叶わなかったが、室内で傘の下に入っただけでも直ぐに分かるレベルには大きくて良い物だと感じた。
 普通の傘では小さいと感じてしまうし、実際に濡れてしまうのでやはり本製品くらいのサイズは欲しい所だと思っていた。

おわりに

 普通に大きな傘というだけではなく、骨が 16 本もあるから強度を確保出来て風にも強い。サイズなりの工夫が成された製品であるので安心して使用することが出来るハズ。
 また、そのサイズからして一人だけでなく二人で 1 本の傘に入る事も容易だろう。

スポンサーリンク