[PR Review] TaoTronics TT-BH19 / Bluetooth ワイヤレスイヤホン

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度は TaoTronics より TT-BH19 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は Bluetooth ワイヤレスイヤホンでハウジング部分が金属製で割と特徴的な形状の製品となっている。

製品概要

 同梱内容としてはイヤホン本体にキャリングポーチ、サイズの異なるイヤーパッド/イヤーフック、充電ケーブルにマニュアルが付属する。

製品外観


 ハウジングは金属製で縦長な形状になっている。ちょっと珍しい感じだ。
 リモコンはオーソドックスな 3 ボタン形式で、真ん中のマルチファンクションボタンが電源と再生/一時停止、ペアリングモードの機能を兼ね備える。+/- ボタンはワンクリックでボリューム調整、長押しで選曲が可能。背面にマイクを装備しているのでハンズフリー通話も可能。

音質チェック

 筆者所有の Xperia XZs とのペアリングを行い音質のチェックを行った。アプリはプリインのミュージックアプリを用いた。
 ぱっと聞いた感じでは低音域の音像が今一はっきりせず曇った感じに聞こえた。Xperia XZs が備えるエフェクトとして ClearAudio+ を有効化すると全体的に多少イイ感じには補正されるが、すると今度は全体的に音が軽くなってしまう。
 結局これは自分好みにイコライジングする他無く、次のような調整を要した。

 低音を重視し過ぎていたので全体的にクリア感が薄れていたが、これで改善された。
 イコライジングに関しては今まで触れたイヤホンで何もせずにいても問題の無い製品は 1~2 個程度だから、普通はイコライジングを要する物だと思って良いハズ。

 また、本製品は販売ページでこそ AptX 対応との記載がされている物の、実際に接続を行っても AptX で接続された旨の表示が無いし音質の傾向からしても非対応である可能性が大きい。

おわりに

 オーソドックスな Bluetooth ワイヤレスイヤホンなので扱いやすさは優秀であるが、音質に関しては使用者の好みに応じて低域から中域を少し落としてあげるような感じになるかと思われる。

スポンサーリンク