[PR Review] AUKEY HA-H04 / 入出力双方対応 HDMI 切替器

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度は AUKEY より HA-H04 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はかなりコンパクトな金属筐体に収められた 2 ポート HDMI 切替器である。
 最たる特徴としては標準的な「2 つの入力信号を切り替えて 1 つの映像出力機器に表示する」という事のみならず、「1 つの入力から本製品に接続された 2 つの映像出力機器より何れか一方を切り替えて出力させる」事も出来る事にある。故に双方向対応という表記になる。
 本製品は HDMI 出力から得られるバスパワーで駆動するので、別途電源が不要なのも扱いやすい。

製品概要

 本体サイズは 49x52x20 [mm] と非常にコンパクトな金属筐体を採用している。
 ボディトップにあるスイッチは入出力切替の為の物で、有効なライン側の LED が点灯する事で有効な入出力がどちらになっているか視覚的に分かるようになっている。若干ストロークが深めなのでしっかり押下すると良いだろう。

 HDMI 端子は片側 2 ポート、もう一方に 1 ポートという構成。

製品スペック

 対応する HDMI のバージョンは 1.4。それにより入力の最大解像度は 4K@30Hz まで。30Hz ということは 4K 解像度 = 3,840x2,160 という事だろう。

使用例

入力切替

 一般的な使い方 (?) になると思われる接続方法は次の通り。

 2 ポート並んだ HDMI 端子側にアクションカメラとデジタルビデオカメラを接続した。
 これで本製品のスイッチを押す度に接続された 2 つのカメラの入力を切り替えて 1 つのディスプレイに出力する事が出来る。


 上の 2 枚の写真では左がデジタルビデオカメラの映像、右がアクションカメラの映像に切り替えた出力。これらがボタンを押す度に切り替えられる。

出力切替

 こちらが個人的にユニークだなと思った使い方。

 接続したデジタルビデオカメラの映像を本製品に接続した 2 つのディスプレイのうち何れか一方に切り替えて出力させる事が出来る。


 この様にして何れか一方ではあるが、予め接続した 2 つの映像出力機器を選んで出力する事が出来る。
 商品説明では「分配」という言葉が使われていたがこの動作には不適切な言葉であり「出力切替」と言う方が適してるかと思う。筆者は当初、分配という位だから同じ映像が同時に出力される物だと思っていた。

おわりに

 小型で設置位置にも困らないであろう本製品はスタンダードに入力切替としても十分に扱いやすい製品であると感じた。
 出力切替は個人的に上手い用途を見いだせないでいるが、あればあったで便利な機能だと思われる。
 本記事では PC 用ディスプレイでの使用例を挙げたが、もちろん TV に接続するゲーム機器の映像入力切替にもベストな使い方が出来るハズだ。

スポンサーリンク