[PR Review] Inateck BP01001 / ラップトップバックパック

スポンサーリンク

 この度は Inateck より BP01001 ラップトップバックパックのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。

概要

 Inateck BP01001 は 30x9x47cm (WxDxH) というスマートなサイズのバックパックで、外装は耐傷性耐水性を持つ特殊ナイロン繊維で作られている。
 厚みは 9cm となっているが側面にあるジッパーを開放することにより +5.5cm 拡張する事も出来る面白い製品だ。
 ラップトップバックパックと言われるだけあり、15.6inch サイズまでのノートパソコンを収納出来るスペースが容易されている。

外観

 本製品の前後を正面からみるとこの様になっている。


 ロゴ側を正面とすると凹凸も無くスリムな印象を受ける。変わって背中側となる背面には蒸れ防止の為にメッシュ加工が要所にされている。

 側面側から見るこうなる。


 背面側にジッパーがあるので、それをぐるっとあけてあげると本体上部の厚みが +5.5cm となり 14cm にまで増す。
 出先で荷物が増えたとか言う場合であってもこれで容量を少し増やすことも出来る。面白いギミックだ。

収納

 内部収納は次の写真の通り。緑色でマーキングした部分がポケットになっている。

 背中側にノートパソコンなどが入り、手前にはペンやモバイルバッテリー、充電器などを入れるのが丁度良いと思う。

 別途背面の腰に当たる辺りに隠しポケットが付いている。貴重品など入れておけば盗難にも遭いづらいハズ。

USB 端子

 本製品の特長として右腕側の側面に USB Type-A 端子を装備している。

 そしてこの USB 端子に接続するデバイスは内部にケーブルが用意されているので、そこへ接続することが可能。

 つまり内部収納にモバイルバッテリーを入れて USB ケーブルを接続しておけば、側面に用意された USB 端子からスマートフォンなどを充電しながら移動することも容易であるという事になる。

使い方

 バックパックの使い方とは言っても通常、背負うだけなのだが本製品は手持ちも可能な様になっている。

 一般的なバックパックでも手持ちは可能だが持ちづらいバンド部分を握るような感じになると思う。その点本製品は「持ち手として作られた部分」があるから自然な形で手持ちのバックになる。

おわりに

 ラップトップバックパックとしての使用はもちろん、スマートな形状及びサイズである事から日常的な使用でも十分使える製品だろう。
 内部収納としてもポケットが多めになっている事と、夏を控えた今、背面のメッシュ加工なんかは非常にありがたい装備だと思うので愛用させていただこうかなと思う。

セール情報

 2018/07/08 現在では Amazon.co.jp の商品ページにて本製品が 800 円引きとなるクーポンが発行される。
 これにより 2,706 円が 1,906 円となるので結構お得に購入が出来る様だ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました