eAccelerator でセグっちゃう PHP スクリプトの対応。

この記事は約1分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

先日いれたアクセラレーターである eAccelerator は導入すれば全てが旨く
キャッシングされて速度向上に繋がる物でも無いということです。

実際、動作不能になった PHP スクリプトがあったのでその対応方法を
書いておこうかなと。

まず、動かなくなったスクリプトはボイスチャットサーバーのサードパーティー製
コントロールパネル。
PHP + Ajax なスクリプトだーと謳っており Java 絡みの所でへくってるのかな
なんても思ってみるけどエラーログは「Segmentation Fault」と出る。
セグっちゃってる YO おい! てことでこのまま放置しておく訳にもいかないから
処置を。

これはかなり簡単。
eAccelerator でキャッシュしたくないディレクトリへ「.htaccess」を用いて
「キャッシュと最適化をさせない」事をするだけ。

てなことで、該当するスクリプト設置ディレクトリには「.htaccess」が存在
しなかったので新規作成とした。
中には以下 2 行を追加してあげるだけです。
php_flag eaccelerator.enable 0
php_flag eaccelerator.optimizer 0

これでめでたく Seg ることなく動作再開しますた。
参考までに。

スポンサーリンク
Linux/UNIX
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました