TPM を有効化して Windows11 をインストールする準備をしておく

Windows
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 2021/06/25 00:00 より Microsoft の発表で次期 Windows となる Windows11 がお披露目された。
 リリースされたら即使ってみたいので、今のうちから動作に必要なスペックなどを確認しておくことに。

Windows11 インストール要項

 Windows11 をインストールするにあたり、ハードウェアの必要スペックが今までよりも上がっている点と、新たに必須になった TPM 2.0 の項目が気になる。

Windows 11 requirements - What's new in Windows
Hardware requirements to deploy Windows 11
  • CPU : 1.0GHz デュアルコア以上の 64bit 対応 CPU
  • メモリ : 4GB 以上
  • GPU : DirectX 12 以降、WDDM 2.0 ドライバ対応
  • ストレージ : 64GB 以上
  • BIOS : UEFI, Secure Boost 対応
  • TPM : Trusted Platform Module (TPM) version 2.0
  • ディスプレイ : 9inch 以上 8bit 色深度表示可能な 720p (1280x720) 以上の解像度を持つディスプレイ
  • インターネット接続 : Windows11 Home Edition 初回使用時、デバイスのセットアップ完了の為にインターネット接続と Microsoft アカウントが必要

TPM って

 TPM ってなんだろうと思うが、これはセキュリティに関わる機能を提供してくれるモジュール。
 既存のシステムであれば Windows10 Pro で使用出来る BitLocker というドライブ暗号化技術がある。
 これは TPM の機能を用いて書き込む内容を暗号化し、読み込むときには復号化してくれるので HDD や SSD を引っこ抜いて持って行かれてもデータ自体を悪用することは出来ないなんていう代物。

Trusted Platform Module - Wikipedia

TPM 2.0 を使う

 TPM にはマザーボードメーカー毎に対応した別売の TPM モジュールが存在する。もちろん別途購入して装着する必要がある。
 しかし、Ryzen の場合でもソフトウェアベースで TPM に対応した fTPM1 機能があるので、これを UEFI より有効化してあげるだけで良い。

 以下、筆者の使っている ASUS CROSSHAIR VIII DARK HERO の UEFI で TPM の設定を行った画面。
 Discrete TPM がデフォルトだったので、これを Firmware TPM に変更してあげただけ。

Windows11 対応チェック

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しい Windows 11 オペレーティング システムをご紹介します。Windows 11 の機能、デバイスの互換性を確認し、最新の Windows OS へアップグレードする方法をご覧ください。

 上記リンクより互換性の確認を行えるアプリがダウンロード出来るので、これをインストールする。

 使用している PC で TPM を有効にしつつ、ハードウェア要項を満たしていれば「この PC で Windows11 を実行できます」と表示される。

 尚、TPM を有効化していないとそれだけでこうなる。

 Secure Boot に関しては UEFI が対応さえしていれば良いようで、有効化しなくても問題はなかった。

おわりに

 Windows11 は 2021H2 リリースなので暫くはお預け。
 今のうちから楽しみな方は早めの準備をしておけば、後々焦らなくて良いだろうとおもう。

スポンサーリンク
  1. firmware Trusted Platform Module []
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました