PCIe to PCI ライザーカード 2 種で PT2 の動作確認を改めてやってみた

PC
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 PT2 を使用しているサブマシンの組み替えで PCIe to PCI ライザーカードを使い始めたが、PCE2PCI-NO1 だけを使用して来た。
 TXB024 も眠らせたままはアレなので、一応動作確認をしておくことにした。

 そもそも PCE2PCI-NO1 を使っている理由は SATA 電源を差さなくても PT2 単体なら動作可能という簡便さが良いから。

動作確認した環境

 あくまで Ryzen 5 5600G に GIGABYTE B550 AORUS ELITE V2 という組み合わせで有効だから、マザーボードが変われば状況は変わる上、もしかしたら CPU も変われば動かなかったりするかもしれない。予めご了承を。

 B550 AORUS ELITE V2 の BIOS は 14c で Above 4G Decoding は Disable としている。

やること

 ライザーカードを差す PCIe スロットを 1 つずつ順番に変更して Windows 10 から認識されるかを確認。
 次にライザーカードへ PT2 を接続して動作するかを確認する。
 これを PCIe スロット 3 本分試した。本当は 4 本あるんだけどそこは用途が決まっているので外すのが面倒ということもありパスした。

ライザーカードの設定

  • PCE2PCI-NO1 : 全て自動認識されるので設定は無し
  • TXB024 : 各スロットにあるジャンパーピンで動作電圧を 3.3V 側にセットした
 くれぐれも PT2 をライザーに差す向きを間違えないようにしなければならない。最悪燃える。
 PCE2PCI-NO1、TXB024 ともに USB 端子のある方が PT2 のブラケット側になる様に差すこと。

結果

 次の様になった。

 PCE2PCI-NO1 は SoC 直結の PCIe x16 スロットのみ動作。他の PCIe スロットはライザーカードさえ認識せず。
 TXB024 は試した PCIe スロット全てでライザーカード及び PT2 を認識し、正常動作可能だった。

 動作確認は PCI-Z を起動し、ライザーカードと PT2 の認識を確認後、TVTest を起動して番組の視聴を以て行った。

 マウント方法はこんな感じに PT2 のブラケットを逆さまに付け替えて PCI スロットが外へ向くようにしつつ、そこへライザーカードを差す形式。
 ライザーカードの固定をしっかりしていない辺りは今後の課題として残る。

 2021/10/07 の夜に発生した地震で、筆者宅は震度 5 弱の地域だったがライザーカードは接触不良を起こすこと無く稼働を続けている。
 このまま変に固定しなくても大丈夫そうかなーと思い始めた。

どちらを使うか

 PCE2PCI-NO1 も TXB024 の両方共に一応は動作可能だった。
 それならどちらを使うのが良いか…… となるが、筆者の場合は冒頭にも書いた通り SATA 電源を差さなくても動作する PCE2PCI-NO1 を使用していくことにした。
 ただ、使用する PCIe スロットの場所が場所だけに、SoC 直結レーンをどうしても使わなければならない状況になれば TXB024 に交換するだろう。

 ではこれからライザーカードを購入して PT2 を使い続けたいとなった場合、どうしたら良いかとなる。
 理想は 2 種類両方買ってしまって上手く動作した方を使うなんて事になる。
 無駄な出費をなるべく抑えたいのであれば、互換性の高い TXB024 の方を優先的に購入してみるのも手だろう。

 今回テストしている PCIe to PCI ライザーカードは 2 種類ともキワモノに入る部類なので、「何をしても動作しない」だとか「何か壊れたり」しても文句を言ってはいけない。あくまで自己責任の上で使用していく物である。

おわりに

 ライザーカードの作りかなのか、それともブリッジチップの違いからなのか動作状況には大きな差が出ると分かった。
 使用環境に於いてもまた結果は変わってくると思われるが、PCI 搭載マザーボードでの実績が多い ASMedia ASM1083 が強いのかもしれない。
 AliExpress を探索していると、ここで紹介したライザーカード以外にも製品が存在するようなので、チャレンジャーな方はそちらも試してみると良いかも知れない。

記事更新履歴
  • 2021/09/25
    16:16
    初版
  • 2021/09/27
    00:25
    「ライザーカードの設定」の項にライザーカードに PT2 を差す向きに関する注意書きを追記。
  • 2021/10/08
    08:20
    震度 5 弱の地震でもライザーカードの接触不良が起こらなかった旨を追記。
スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました