CentOS 4 でまた yum のリポジトリを変えた

この記事は約5分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

導入当初はずっと riken のホストをリポジトリとして使ってきたけど、途中でメタファイルが死んでたから
iij に変更して使ってました。
したら今度は一部パッケージ (wireshark) の md5sum が一致しないというエラーがいつまで経っても
直らない為、また riken に戻してみました。

ftp コマンドつかって riken のホストに anonymous でログイン。
CentOS のリポジトリをどんどん辿っていく。base, addons, extras 等とおまけに dag, dries も。
全てのパスを確認しながら「/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo」を編集と。
URI を何カ所も書き換えるのはダルイもんで。(sed 使えば良かったと今思った)

ということで、うちのリポジトリの設定は以下の通りなりました。(testing は流石に見ないようにしている)

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#released updates
[update]
name=CentOS-$releasever - Updates
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#packages used/produced in the build but not released
[addons]
name=CentOS-$releasever - Addons
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
name=CentOS-$releasever - Plus
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#contrib - packages by Centos Users
[contrib]
name=CentOS-$releasever - Contrib
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/contrib/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

#packages in testing
#[testing]
#name=CentOS-$releasever - Testing
#baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/$releasever/testing/$basearch/
#gpgcheck=1
#enabled=0
#gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/centos/RPM-GPG-KEY-centos4

[dries]
name=Extra Fedora rpms dries - $releasever - $basearch
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dries/redhat/el$releasever/en/$basearch/dries/RPMS
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/dries/RPM-GPG-KEY.dries.txt

[dag]
name=Dag RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/RPM-GPG-KEY.dag.txt

書き換えた後は root からというか root で書き換えてるんだけど、「#yum clean all」する。
メタデータ取得の為、適当に「yum check-update」なんてしてみたり。
たまたまパッケージが大量に出てきたので、全部確認してから「yum -y update」と。

これで安定してくれればいいな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました