DVR-115 でテスト焼き

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

早速届いた Pioneer DVR-115BK で DVD-R のテスト焼きをしてみました。
これはもーーーー満足レベル。

使用したメディアは Victor のやつ。太陽誘電の OEM なので ID は TYG08 です。
テスト焼きしてエラーレートを計測してみました。焼き速度は 6x の CLV。

テスト焼き結果

もうあれ、PIE が 20 以下であれば満足なのだが、最高で 11 とか言って。
PIF も 2 とか出てるけど総数がめちゃ少ない。
Jitter が計測できるドライブはぬっこわれているのでそこがちと気になる所だが…。

以下グラフの説明っぽい。(超簡易なのでミスってたらすまそ)
PIE は ParityInnerError の略。データ読みに失敗してエラー訂正をした数値。閾値は 280。
PIF は PIE でも訂正出来なかったエラーを訂正した数値。閾値は 4。
POF は完全に読み取り不能データ。閾値は当然 0。
以上 3 つの値が閾値を越えた場合、正常な読み取りは期待できない。DVD にとっては規格外のメディアとなる。
古い DVD-R なんかで映画見たりしたときに再生が止まったりコマ飛びしたりするのはこのエラーが原因。
# ドライブが壊れていれば話しは別だが…

ちうことでこれはスペアにもう一台欲しいだろってなドライブでしたわ。
Pioneer DVR-115BK

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました