WordPress 2.8 にアップグレード

この記事は約3分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

11 日にリリースされた 2.8。日本語にローカライズされたパッケージが早くも今日 12 日にアップしていたので
速攻アップデートかましてみた。


ぶっちのアップデート手順はいつも通り。
サーバーに接続して次の手順で進める。

1. mysqldump で DB のバックアップ
2. /wp-content/ にある /cache/ を削除する (WP 標準装備のキャッシュもしてる為)
3. wp-config.php を単体で他ディレクトリにコピー
4. /public_html/ を丸ごと tar でまとめて gzip で圧縮。これでバックアップ完了
5. *.php と wp-admin/, wp-includes/ を削除する
6. 新しいバージョンを /public_html/ にコピーする
7. 「3.」でコピーしておいた wp-config.php を /public_hrml/ にコピーする
8. 管理者画面いって DB のアップグレードを行う

以上 8 ステップ。
これはもうサクサクっと。サーバー上で作業しちゃうので短時間で終わる。
FTP でファイル落としてバックアップとか考えたくない (笑

んで管理者画面を眺めた。
ぱっと気付いた所は、ユーザーのアイコン非表示にしていた部分へ空白が出来ていたんだけど
これが消えて無駄なスペースが無くなっていた。見た目の問題だが細かい修正だなっと。

今回のアップデートの売りで「速度向上」とかあったけど体感する事は出来なかった。
それよりもテーマの編集で表示されるコードが SyntaxHighlight でもいれたんか。
すげー編集し易くなっている。既にカスタマイズしまくった後だからあまり弄る事は無いだろうけど、
今後また弄り出すときにめちゃ重宝するだろうこれ。

左に表示されるメニューは相変わらずと言った所か。
デフォで使っていると、縦に長く取られるからその分マウス操作が面倒になる。
これはまた別途プラグイン入れてメニューは上部に表示させているからどうでもいい。

もう一つこれいいわーって思ったのはウィジェットの管理。
いちいちどの部分のウィジェットを編集するか選択しなくてもプルダウンで全箇所出ている。
これは非常に良い。カスタマイズし易くなってる。

あと、現状は AddQuickTag というプラグインが狂ってる。コードエディタで記事書いてるけど
こいつが転けると記事が書きにくい orz
加えてローカライズとテーマの関係か、ページ移動の時に previous entry やらなんやらが 2 重に
表示されてしまったりと、こっちとしては不具合になるわな。修正いれないとだ。

ここに書いた以外の事はまぁあまりわからん。
出来上がった WP 環境ならそれほど恩恵受ける事は少ないかも知れないね。

スポンサーリンク
WordPress
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました