Cocoon で起きる LCP の問題を回避する

WordPress
この記事は約3分で読めます。

はじめに

 WordPress のテーマ Cocoon を使用しているとパフォーマンス計測で Largest Contentful Paint (以下 LCP) として最初に表示される画像の遅延読み込みが引っかかる。
 該当する画像はインデックスのエントリーカードに表示される記事のアイキャッチになる。

テーマのファイルを弄る

 エントリーカードを表示させているファイルを探したら cocoon-master/tmp/entry-card.php であることが分かった。
 よってこのファイルを子テーマ側にコピーしてから編集する。

cd ~/public_html/wp-content/themes
cp ./cocoon-master/tmp/entry-card.php ./cocoon-child-master/tmp/entry-card.php

 続いて 27 行目に lazy と書かれている部分を eager に変更する。

--- cocoon-master/tmp/entry-card.php    2022-11-19 13:28:37.000000000 +0900
+++ cocoon-child-master/tmp/entry-card.php      2022-12-10 18:11:53.483282377 +0900
@@ -24,7 +24,7 @@
           array(
             'class' => 'entry-card-thumb-image card-thumb-image',
             'alt' => '', 
-            'loading' => 'lazy', 
+            'loading' => 'eager', 
             'decoding' => 'async',
           )
         );

 これによりエントリーカードに表示されるアイキャッチのサムネイル画像が遅延読み込みされないので、画像のレンダリングも遅れることはなくなるというお話し。

 WordPress 5.9 からは最初の画像に loading="lazy" を付けず、他の画像は自動で遅延読み込みを行う機能があったそうで。
 なので、遅延読み込みを指示する処理に関しては WordPress 任せにした方が良いのかも知れない。
 その場合、上記 entry-card.php の 27 行目にある 'loading' => 'lazy', を削除してしまえば良い。

効果の程を見る

 GTmetrix で計測した結果をみてみる。

 今回の対策前の結果では LCP の画像を遅延読み込みさせないでとメッセージが出ていた。

 対策後には LCP に関わるメッセージが消えて Structure も 94% にアップしてくれた。

おわりに

 サイトの評価がちょっと気になる場合、こうした手段を用いた回避策をとるのも良いかなと思う。
 ただ、全てのサムネイルが一気に読み込まれてしまう事にもなるので若干モヤモヤする。
 上手いことビューポートから表示されるサムネイルの個数を判定してその部分だけ eager としてくれると良いのかも知れないが、そこまで手の込んだことは出来ないのでこのまま様子見とする。

Advertisements
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.