常用ファイラを X-Finder に変えてカスタマイズした

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

今までは何年も FileVisor5 を使用してきた。シェアウェアで 4,200 円したのだが…
なんかもう 1 年以上オフィシャルサイトの更新すら無く、Win7 対応の気配も全くなし。
これじゃ将来ヤバイだろうということで、良いファイラないかなって。
そこで見つけたのが今回紹介する X-Finder でありました。


っても、まめ File5 というのを暫く使っていたり (笑
流石になんだか使いづらいというかしっくり来ないというか。
X-Finder は使いづらいと思ったら自己流に機能を外部プログラムに持たせて
アサインできるというのが素晴らしかった。

で、本体やら各種 X-Finder から使うツールを揃えてみる。
X-Finder オフィシャル
Fire File Copy (高速コピーツール)
FastCopy (ファイルコピー, 削除ツール)
FileSeeker3 (ファイル検索ソフト)
Stirling (バイナリエディタ)
全部落としておく。

X-Finder を使用するフォルダに展開してインストールとする。
展開したフォルダに「utils」という名前など適当に付けて、このフォルダにツール 3 個を格納。
イメージでいうとこんな感じ。

X-Finder を展開したフォルダ
   |
   |-utils   ツール用にフォルダ作成
   |   |-FastCopy		FastCopy.exe 格納フォルダ
   |   |-FileSeeker		FileSeeker3.exe 格納フォルダ
   |   |-FireFileCopy		FFC.exe 格納フォルダ
   |   |-Stirling		Stirling.exe 格納フォルダ

最初のフォルダ構成を決め打ちしておくと後々楽になりますわな。
ぶっちはこんな構成にしてあります。

X-Finder 本体である XF.exe を実行すればファイラが起動します。
最初はシンプルでエクスプローラみたいな感じなのだが、これをカスタマイズしまくると
大抵は自分好みになってくれる。
配色から表示項目までなんだかんだとカスタマイズ。
キーバインドも自分が良く使う奴だけを FD ライクにしてみたりとか。

で、ファイルのコピーやら削除の機能がデフォルトだと使いづらいので、
コピーを Fire File Copy に任せ、削除を FastCopy。
検索を FileSeeker3 にやらせるようにしている。

あれこれとぶっち流にカスタマイズした設定ファイルのキーバインドと表示設定部だけはっつけておこう。
これそのまま XF.ini 内の該当部と置き換えれば ok。
ファイル表示は一覧とし、表示項目は「ファイル名 – 拡張子 – サイズ – 更新日時」
という具合。
キーバインドは FD ライクに A が属性変更とか、C がコピーやら M が移動とか。
D は削除で~~ってやつです。

さらに手を入れていく予定なんだけど、各自良い感じにカスタマイズしてみると面白いですお。
ぶっちはあとミラーリングやらとファイル操作関連を充実させようかなと。

* 参考サイト
X-Finder まとめサイト
X-Finder備忘録

ファイル表示設定部分

[FolderSettings]
Count=1
Name0=ファイル表示設定
Path0=ViewStyle:3/`/Columns:名前,-2,種類+,-2,サイズ,-2,更新日時,-2/`/Sort:名前
Type0=1
Icon0=
Ext0=*

キーバインド設定部分

[Key]
Count=16
Name0=すべてを選択
Path0=Select:All
Type0=1
Icon0=
Ext0=Ctrl+A
Name1=お気に入りの整理
Path1=OrganizeFavorites:1
Type1=1
Icon1=,29
Ext1=Ctrl+B
Name2=検索
Path2=Folder:Find
Type2=1
Icon2=,12
Ext2=Ctrl+F
Name3=新規タブ
Path3=NewTab:
Type3=1
Icon3=,7
Ext3=Ctrl+T
Name4=更新
Path4=Refresh:
Type4=1
Icon4=,4
Ext4=Ctrl+R
Name5=閉じる
Path5=Close:
Type5=1
Icon5=,5
Ext5=Ctrl+W
Name6=属性の変更
Path6=Input:"属性の変更 - X-Finder","%Focused%","%Attrib%","%Attrib%"/`/Foreach:SW:0:attrib %InputData% %Variable%/`/Refresh:2
Type6=1
Icon6=,59
Ext6=A
Name7=バイナリエディタ
Path7=%X-Finder%\utils\Stirling\Stirling.exe
Type7=2
Icon7=%X-Finder%\utils\Stirling\Stirling.exe,0
Ext7=B
Name8=コピー
Path8=%x-finder%\utils\FireFileCopy\FFC.exe %selected% /copy /t /tp:low /st
Type8=1
Icon8=,1
Ext8=C
Name9=削除
Path9=%x-finder%\utils\FastCopy\FastCopy.exe /auto_close /cmd=delete %selected%
Type9=1
Icon9=,5
Ext9=D
Name10=編集
Path10=Exec:Edit
Type10=1
Icon10=,40
Ext10=E
Name11=検索
Path11=%X-Finder%\utils\FileSeeker\FileSeeker3.exe /style:result /prompt:keyword /start:"%Current%"
Type11=1
Icon11=,12
Ext11=F
Name12=お気に入り
Path12=Change:Tree ~v/`/Set:Tree=Favorites:
Type12=1
Icon12=,29
Ext12=G
Name13=フォルダ作成
Path13=NewFolder:
Type13=1
Icon13=,26
Ext13=K
Name14=ファイル名の変更
Path14=Rename:
Type14=1
Icon14=,10
Ext14=R
Name15=ソート
Path15=Sort:
Type15=1
Icon15=,19
Ext15=S
スポンサーリンク