Golden Ray – JUMP STARTER 13,600mAh モバイルバッテリーのレビュー

スポンサーリンク

 この度 Seneo Japan より Golden Ray JUMP STARTER 13,600mAh モバイルバッテリーのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 モバイルバッテリーであるが用途が幅広く、車のバッテリーがあがった際のエンジンスターター用電源として使えたり、スマートフォンのみならず 12/16/19V で駆動するノート PC への充電までも可能になる多機能な製品である。

スペック

製品名JUMP STARTER
電源容量13,600mAh, 50.32Wh
出力電圧12V/16V/19V
サイズ161 x 82 x 35mm
重量実測 473g
USB Port 出力5V/2.1A x2
入力15V/1A
起動電流250A (12V)
ピーク電流500A (12V)
充電回数1,000 回
動作環境温度-20~60℃

20160312-DSC_0067
20160312-DSC_0055

機能概要

  • エンジンスターター非常用電源として車載のバッテリーへ接続して使用することが可能。但し、JUMP STARTER 本体の充電量が 95% 以上である必要が有る。
  • 複数の点灯モードを持つ LED ライト付き。常時点灯、SOS 信号、点滅と言った点灯パターンがある。輝度がかなり高いので直視しない事。
  • USB Type-A Port が 2 つあり、その両方が 5V/2.1A の出力を持つ。
  • 12V/16V/19V の何れかで駆動するノート PC に接続することでバッテリーの充電が可能。電源端子はアダプタが 8 種類付属する。
  • JUMP STARTER 自体の充電は専用 AC アダプタ (15V/1A) で行う。
  • 1% 単位でバッテリ残量表示が可能なバックライト付き液晶を搭載。

写真を絡めた使用感など

パッケージ

 パッケージ自体が収納ケースとなっている。結構大きなサイズになっているので全てを常に持ち歩くような使い方は向かない。非常用として車に乗せておくか、スマホやノート PC 用途であればバッテリー本体と必要なケーブルのみ持ち歩くのであれば可能と思われる。尚、透明な袋に入って発送されてくるが、袋に入っている所は割愛。
20160312-DSC_0040

 ケースを開けるとネットになっている方にバッテリークランプやアダプタ、ケーブル類が収納されている。
20160312-DSC_0041

 反対側に JUMP STARTER 本体が収納されている。
20160312-DSC_0043

本体及び付属品

 取扱説明書 (日本語有り)、バッテリークランプ、ノート PC 充電用ケーブル並びにアダプタピン、スマホ充電用 MicroUSB ケーブル、JUMP STARTER 充電用 AC アダプタとシガーソケットとなっている。
20160312-DSC_0046

インターフェイス

 左から順にノート PC 充電用端子、電源及び LED ライトのスイッチ、USB Port、JUMP STARTER 充電端子、JUMP STARTER 電源スイッチとなっている。
20160312-DSC_0048

 エンジンスターター用電源端子は側面に存在する。
20160312-DSC_0060

 バッテリー残量や出力モードが表示されたバックライト付き液晶。
 この 76% という値は製品到着時から既に充電されていた容量となる。到着して直ぐに使う事が可能だが、先ずは 100% まで充電する必要が有る。エンジンスターター用電源として用いる場合、残量が 95% 以上である必要があるからだ。
20160312-DSC_0052
 充電は付属の AC アダプタを用いる。別途、車でもシガーソケットから充電が可能なようだが、それでバッテリー上がったらどうなるんだろうって疑問もあったりする。
20160312-DSC_0064

LED ライト

 側面に高輝度 LED ライトが存在する。本当に高輝度であるから、正面からの直視は冗談抜きでやめておこう。また横から見るだけでも目に残光が暫く残るほどだったから、使用時には要注意である。
 点灯モードは常時点灯、SOS 信号、点滅モードの 3 つがある。
20160312-DSC_0077

スマートフォンの充電

 Xperia Z2 では MicroUSB 端子に直接接続すると 1A を越えられないので、クレードルを用いた充電専用端子に接続を行った。充電量は Xperia Z2 のバッテリ残量 70% からで 1.15~1.20A 程の給電となった。
20160312-DSC_0086

ノート PC での使用

 嫁さんのノート PC を拝借してみたがバッテリーが 100% 充電された状態だったので、思い切ってバッテリーを取り外して JUMP STARTER 自体をノート PC のバッテリーとして用いてみた。
 ASUS UL20A という古いノート PC であるが、付属の変換ピンによる接続で給電を行うことができた。UL20A は 19V で最大 2.1A の消費となるから JUMP STARTER で供給可能範囲内だったようだ。19V 出力時に流せる最大電流の記載が無いので安定した動作が出来るか分からないが、ウィルススキャンで CPU 100% 消費 + SSD へのアクセスもこなしていたからきっと大丈夫なのだと思われる。
 ちなみに UL20A の標準バッテリーは 10.8V 4,300mAh だから JUMP STARTER を繋いだ方がより優秀なバッテリーになるのかなと思ったが、バッテリーセルは大体 3.7V なのでロスなどを考慮すると 19V 時には約 2,700mAh 程度の容量になるので、ノート PC のバッテリーの代替として使うのは緊急時にのみ留めておいた方がよさそうだ。
20160312-DSC_0084

ノート PC 充電用出力電圧の計測

 電圧が正しく出力されていないとノート PC のバッテリーに負担が掛かるかなと思うので安物のデジタルテスターで簡易的に電圧を計測してみた。
 12V 出力モード時 12.23V
20160312-DSC_0089

 16V 出力モード時 16.17V
20160312-DSC_0090

 19V 出力モード時 19.09V
20160312-DSC_0091

 全ての出力モードに於いて、おおよそ正しく出力されていたので安心して使用出来る。

おわりに

 バッテリーが上がってしまった際、JAF を呼ばなくてもこの JUMP STARTER があれば自力でエンジンをかけることが出来るようになるので、保険として持っておきつつ定期的にしっかり充電しておけば、いざという時にも余計な出費をせずに済むと思われる。
 車用途のみならず、スマートフォンは勿論のことノート PC までをも充電出来てしまうので非常に幅広く使用出来るモバイルバッテリーであると言える。
 バッテリー残量を 1% 単位で表示出来る液晶付きである事も非常に良いところだと思う。殆どのモバイルバッテリーは LED が 4~5 個付いていて 1 つ点灯で 20~25% の残量を表す物が殆どであるからだ。バックライト付きなので視認性も良く好印象であると感じた。

スポンサーリンク

『Golden Ray – JUMP STARTER 13,600mAh モバイルバッテリーのレビュー』へのコメント

  1. 名前:keisuke 投稿日:2016/04/06(水) 17:27:27 ID:a8d4d7ba0 返信

    ACアダプタはユニバーサル使用(100V-240V)でしょうか?

    • 名前:ぶっち 投稿日:2016/04/06(水) 17:50:12 ID:4783bb878 返信

       100-240V との記載がありましたのでその通りだと思われます。

  2. 名前:keisuke 投稿日:2016/04/06(水) 22:22:08 ID:a8d4d7ba0 返信

    早速のご返事ありがとうございます。このBlogを読んで購入したいと思ったのですが、海外に持っていけるのかだけが気になり確認させて頂きました。

    • 名前:ぶっち 投稿日:2016/04/06(水) 22:30:18 ID:4783bb878 返信

       ご丁寧にご連絡を頂きましてありがとうございます。
       海外へ行く際、飛行機のご利用でしたら「手荷物として」搭乗するようにしてください。リチウムイオンバッテリーは危険物扱いになるので、預け荷物の中に入れてしまうと NG です。ご注意を。