AUKEY GH-S1 / ゲーミングヘッドセットのレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Aukey Japan より GH-S1 ゲーミングヘッドセットの提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 この製品はステレオミニピンケーブルで接続するシンプルなゲーミングヘッドセットとなる。

AUKEY GH-S1 の概要

パッケージ

 黒を基調として赤やゴールドと、ゲーミング用途を意識したデザインである。
20160325-DSC_0003

内容物

 GH-S1 本体の他には取扱説明書と保証書と至ってシンプルだった。除湿の為にシリカゲルも入っていた。
20160325-DSC_0005

スペック

ドライバー径40mm
音圧感度98dB ± 3 dB (1kHz 時)
インピーダンス32Ω
再生周波数20~20,000Hz
マイクサイズΦ6 x 5mm
マイク感度-38dB ± 3db
ケーブル2.5m
重量268g

使い方

接続

 ヘッドセットとして使用する場合、緑色のピンを PC のスピーカー出力若しくはヘッドフォン出力に接続し、ピンク色のピンをマイク入力端子へ接続する。マイクを用いずヘッドフォン的に使用するのであれば緑色のピンを接続するだけで良い。
20160325-DSC_0006

操作

 ケーブルの途中にクリップ付きリモコンがあるので、ボリュームとマイク ON/OFF 操作が可能となっている。シンプルが故に分かりやすい操作だ。
20160325-DSC_0008
 実際に喋りながらゲームをするときはマイクの状態には気を付けよう。OFF のまま喋っても会話に混ざることは出来ない。(経験談)
20160325-DSC_0009

外観チェック

 イヤーパッドは柔らかすぎず固すぎずなスタンダードな感覚。
20160325-DSC_0010
 深さは約 16mm 程あり、すっぽり耳が収まってくれた。
20160325-DSC_0014
 イヤーパッドの位置調整はバンドを伸ばすと良い。このバンドは伸縮するのに力がさほど要らないので、脱着の際に動きやすいと感じた。もうすこし固くした方がいいのかなと思う所。
20160325-DSC_0013
 マイクはアームのように上下に可動範囲がある。次の写真は下限まで移動させた様子。
20160325-DSC_0015

音質チェック

 音質のみチェックするので Xperia Z2 に接続し、プリインのミュージックアプリを用いて音楽を試聴した。
 全体的な音質の印象は「若干曇っているかどうか」と感じた。
 具体的には低音はタイトと言える一歩手前あたりで、バスドラがしっかりと鳴りつつもベタベタっとする感じだった。中音はほんの少し強く出ている印象でボーカルの声が聞きやすかった。ボイスチャットを行いながらでも人の声を聞きやすいようなチューニングなのだろうか。そして高音は可も不可もなくというか印象があまり無いので普通なのだろうと思う。

おわりに

 ヘッドセットとしては廉価な価格帯の製品であるが、作りはしっかりしているしリモコンも付いている。音質も相応と言った印象で、ゲーミングヘッドセット入門用としても最適だろうと思われる。

スポンサーリンク