記事読了参考時間 2

[PR Review] Seneo スマートフォン用レンズセット

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Seneo よりスマートフォン用レンズセットのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はスマートフォン用クリップ形広角/魚眼/マクロレンズの 3 点セットである。特にマクロレンズは焦点距離に合ったクリアフード付きなので、被写体にフードを密着させても明るさを確保しつつフォーカスがぴったり合うので非常に使いやすい逸品である。

パッケージ

20160507-DSC_0038

パッケージ内容

 パッケージを開けるとキャリングポーチが出てくる。
20160507-DSC_0040
 キャリングポーチの中にクリップへ装着済のレンズ 3 種とクリーニングクロスが入っている。これは持ち歩くときにレンズ同士がぶつからないし、外部からの衝撃にも強いから非常に良い。
20160507-DSC_0042

レンズ

広角レンズ

 x0.36 の広角レンズ
20160507-DSC_0045

魚眼レンズ

 180 度を捕らえる魚眼レンズ。
20160507-DSC_0044

マクロレンズ

 x20 の倍率を持つマクロレンズ。クリアフード付き
20160507-DSC_0043

装着の図

 Sony Xperia Z2 に広角レンズを取り付けて見た。クリップ式なのでなんて事はなく装着可能。
20160507-DSC_0046
 Sony Xperia Z2 にマクロレンズを装着した。
20160507-DSC_0048
 サブ機としている Samsung Galaxy S2 にもマクロレンズを装着。トップよりも深い位置にあるカメラであってもしっかり届く。
20160507-DSC_0049

マクロレンズの使い方

 今まで触れてきたスマートフォン用レンズの中で、本製品のマクロレンズは特に素晴らしいと感じた。
20160507-DSC_0047
 この様に被写体へ密着させるだけで丁度良い焦点距離を確保出来つつ、クリアフードであるから周囲からの光も入る。補助光も用いれば綺麗に超接写を行うことが出来る。

撮影サンプル

広角レンズ

 Sony Xperia Z2 + 広角レンズはやはりというか、35mm 換算 27mm というちょっと広めの画角であるからケラレが出てしまった。四隅の黒い物がケラレ。
DSC_1872
 Samsung Galaxy S2 + 広角レンズではケラレが出ない。Galaxy S2 は 35mm 換算 30mm なので Xperia Z2 よりは狭い画角だからだろう。恐らく 35mm 換算 29mm の画角を持つ iPhone は全てケラレが出ずに撮影出来るハズである。
20160507-IMG_20160507_164038

魚眼レンズ

 Sony Xperia Z2 で撮影。魚眼はどのみち周囲が黒くなるので、スマートフォン毎の画角差はさほど影響はしない。幅広く写っている。
DSC_1873

マクロレンズ

 Sony Xperia Z2 で撮影した。クリアフードを手元にあった千円札に押しつけるような形で、横から LED ライトを当てての撮影である。
 肉眼では認識しづらい様な極小の文字も綺麗に撮影出来た。
DSC_1877

おわりに

 本製品はレンズの 3 点セットではあるが、接写が好きな筆者個人としてはこのマクロレンズだけでも非常に有用な物であると感じている。
 メインのスマートフォンとしている Xperia Z2 の画角で広角がケラれてしまうので、使用するのであればどうしてもサブ機の Galaxy S2 になってしま上、さほど使用頻度も高くない。魚眼も遊びで使う程度だけなので、自ずとマクロレンズを推したくなる。
 また、対応機種に Xperia の記載があったが、Xperia は Z1 からして画角が 27mm、Z5 に至っては 24mm と広いので確実にケラレが発生するハズ。よってケラレが嫌な場合にはちょっと注意が必要である。
 iPhone であれば現状、どのシリーズでも画角は 29mm 程度と若干狭いのでケラレの心配は無用だろう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました