[PR Review] Canbor 布製マウスパッド / レーザー・光学式両対応

スポンサーリンク

 この度は Canbor より布製マウスパッドのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は表面が布地となっており、裏面は滑り止め加工されたゴム素材となっているので滑りにくくなっている。エッジは全て丁寧にラウンド加工されている為、劣化によるヨレも少ない物になると思われる。

パッケージ

 布地のマウスパッドというとどうも、丸まって入れられたパッケージを想像してしまっていたのだが、本製品では開いた状態で封筒に入れられた状態で配送されてきた。癖直しと言った作業が入らないので開封したら直ぐに使用可能なポイントはマル。
20160607-DSC_0048
 尚本体サイズは 27 x 22 (cm) で、厚みは 3.0mm ジャスト。若干のクッション性がある。

外観


 先述の通りにエッジ部分は裏面まで綺麗に処理されているので耐久性は良さそうだという印象が強い。
 裏面の滑り止めはきめ細かく切り込みが入れられ、滑り止めとしての機能を高めようとした加工が成されている。

使い心地

 今まで 4 年間使用してきた SteelSeries QcK Mini と比べても、表面のきめ細やかさや滑り、止めようとしたところでしっかり止まるような操作性は殆ど遜色のないレベルであると実感出来た。布地であるメリットの「滑りすぎず、止めやすい」をキッチリ満たしているから好印象である。
 マウスパッド自体が滑るか否かであるが、これはマウスパッドにしっかり掌を乗せている分にはズレないが、手首を浮かす等とマウスパッドに荷重がかからない状態になると若干滑る印象があった。気がつくとすこーし斜めっていたりした事が何度かあった。この点は SteelSeries よりも明らかに劣る所ではある。

おわりに

 布地のマウスパッドは筆者が好んで使う物であるからちょっと厳しめに評価を行ってみたが、SteelSeries QcK Miniより優れている面はエッジの綺麗な加工、同等であるところは滑り、劣る所は滑り止め性能。こんな感じだろうか。トータルで見るとトントンになるので、そこに実売価格も加えれば本製品は充分に及第点であると自信を持って言える。
 コストパフォーマンスで見ると 1,000 円を切る本製品の方が、だいぶ扱いやすいだろう。布製マウスパッドの滑りが気になる方はお試しにでも使って見て損はないハズ。
 なによりもマウスのソールが削れないので、マウス本体の劣化防止にも役立つのである。
 また、本製品の評価に際し、使用したマウスは以前レビューを行った Patech のゲーミングマウスとなる。

24% OFF 割引きクーポン

 本製品を会計時に次のクーポンコードを入力することで 24% OFF の割引きが適用される。(Canbor 側の伝達ミスによりクーポンコードを修正した。2016/06/08 18:10)
 クーポンコード FNABHCZA
 有効期限 2016/07/10 23:59 迄

スポンサーリンク