[PR Review] USpicy ヘアストレートアイロン

スポンサーリンク

 この度、満点プラスより USpicy ヘアストレートアイロンのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はヘアブラシの形状をしたヘアストレートアイロンとなる。ブラシ部分が 120 度から 230 度まで調整可能なので、毛質によって温度調整しながらの使用を行う必要がある。後は普段通りにブラッシングするだけでまとまりのあるストレートヘアにする事が可能である。

製品概要


 同梱品としてはヘアブラシ以外にキャリングポーチや火傷防止の為か手袋も付属している。メンテナンス用にブラシもあるから汚れたら細かいブラシ部分の掃除も簡単にできるだろう。

外観


 ちょっと大きめなヘアブラシという外観で、ブラシの先端は熱源が直接頭皮に触れないように加工されている。
 本体と電源ケーブルの接続部分は 360 度自由に回転するようになっているので、取り回しは非常にやりやすい作りになっている。

消費電力と温度

 本製品をコンセントに繋ぎ 180 度設定で電源を入れると、直後は 200W 近い消費電力となる。温度が高くなって行くに従って徐々に下がっていく感じなので、電源オンからは思いの外早く使用可能な状態になる。
 一般的なヘアドライヤーよりも遙かに省エネなので、ドライヤーで一生懸命ストレートに整えようとするよりも本製品を用いた方がずっと楽だろう。
20160902-DSC_0028
 ブラシ部分の実際の温度を計測すると、180 度設定で一番熱い部分は 173 度前後となった。200 度設定でも 190 度前後だった為、表面からみた温度は 10 度ほど下がっている状態になっているのだろう。
20160902-DSC_0031

使用感

 女性向けの製品である事から、今回は自分の妻にモデルとなって貰った。
 妻は大体は髪の毛をゴムで縛ったまま過ごす事も多く、夜になるとその跡もしっかり付いてしまっている。髪の毛の量も多く、太めな毛質であるし癖もあるのでうねうねである。
20160902-DSC_0066
 毛質からして本製品を 200 度ほどの設定にして使って見たが、ガラッと変わるほど綺麗にまとまって指通りがもの凄く良くなった。
20160902-DSC_0068
 流石にゴムで 1 日縛っていたような癖を完全に抜くことは出来なかったが、目に見えて分かるほどストレートな方向へとまとまりを見せてくれた。
 妻が言うにはやはり「指通りが良くて触り心地が滑らか」と顕著に感じたそうだ。ただ、髪の毛が凄い熱く感じるので「髪の毛が痛みそう」とも言っていた。
 更に翌朝起きた時には「寝起きなのに指がスッと通る」なんて驚いていた所もあったので、本製品を使う使わないの差は確かにあるようだ。

うまく纏めるコツ

 説明書にも記載されている事だが、ただ髪の毛の流れにそってブラッシングするよりも、少量の髪の毛を手に取って表と裏からサーッと通す事を繰り返していく。するとより綺麗にまとまりを見せてくれるようになる。
 温度が温度だけにゆっくり通して居ると熱によるダメージも懸念されるので、ササッと手早く繰り返し通した方が良いだろうと思う。
 その他注意事項としては、耳たぶが当たると火傷するかも知れないので耳周りを通すときにはちょっと気を付けてやると良い。

おわりに

 ただ髪の毛をストレートにする以外に寝癖直しにも使えるので、筆者も試しに使ったりしたが面白いように纏まるので自分も寝癖の酷い時には使わせて貰おうと思う。

スポンサーリンク