[PR Review] SOULBEAT LB-901 / ゲーミングヘッドセット

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度、ジェンツトレーディング株式会社より SOULBEAT LB-901 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はオーバーヘッドタイプのゲーミングヘッドセットであり、耳がすっぽり収まるイヤーカップとマイク部分のアームが上下左右に調整できる所が特長となっている製品だ。対応機器も PC からスマートフォン、XBOX One や PlayStation4 まで対応とされており幅広く使えるゲーミングヘッドセットであると言える。

パッケージ及び同梱内容

20161019-dsc_0063
 同梱内容としてはヘッドセット本体と PC 接続用変換ケーブルにマニュアルとなっている。
20161019-dsc_0065

スペック

 パッケージ背面に記載されている通りだが、「敏感度」は誤訳で正しくは「音圧感度」。これが 114±3dB とあるので割と大きめの音を出すことが出来る。レンジは可聴域をカバーした帯域となっている。必要充分であると思われる。
20161019-dsc_0064

外観と使用感

 イヤーカップは圧力を掛けていない状態で実測 68mm x 48mm あり、深さも 25mm もあるから耳がすっぽりハマる。筆者の場合耳たぶがドライバー部分にあたる様な事も無かった。装着感はこの上無く良い
20161019-dsc_0066
 マイクはフレキシブルアームの様な作りとなっており、上下に動くだけでは無くて左右にも曲げることが出来る為、口元にマイクを近づける調整も可能になっている。
 あまり近づけすぎると吐息が入るので注意が必要であるが、マイクボリュームのみでは調整出来ない部分も物理的に調整可能な点は非常に使いやすいだろう。
20161019-dsc_0068
20161019-dsc_0075
 マイク先端には 3 つの穴が空いている。この辺りは防風対策を施すなどのひと工夫は欲しいかなと感じる所ではある。
20161019-dsc_0069
 リモコンは大きく操作のし易い形状をとっているので慣れれば目視無しの片手操作も余裕だろう。
 ボリューム調整はホイールを回転することで調整するのだが、これがなかなか操作し易い。横にあるスイッチでマイクの ON/OFF が可能となっている。
 ただ、このマイクスイッチはスマートフォン接続時に OFF とすると、再度 ON にしてもヘッドセット自体との接続が無効化されて、本製品を繋ぎ直さない限りヘッドセットから音が出ることは無かった。
20161019-dsc_0071

 接続には基本、4 極ミニピンとなる。直接接続出来ない機器に対しては付属の変換ケーブルを用いてヘッドホン部とマイク部を別々に接続してあげると良い。
 ケーブルはスリーブ加工されている為、取り回しも難なく出来て絡む要素も無い。
20161019-dsc_0072

音質チェック

 本製品はゲーミングヘッドセットなので音質もさることながら、人の声が聞き取りやすいか否かも気にかけてみた。
 使用デバイスは Xperia X Performance に直接接続してプリインのミュージックアプリで音楽を聴いてみた。
 ファーストインプレッションとして、ピークが中域にシフトされておりヴォーカルやギターのリフなどは非常に聞こえが良かった。音楽を聴く上での音質とはまた別のゲーミングヘッドセットらしいチューニングとなっている。
 ボイスチャットをしながら使うには適した物であると感じた。音質にも気を掛けるようならイコライザーで 400Hz と 1kHz あたりの音圧を少し落としつつ、重低音を少し上げればイイ感じになる。

おわりに

 廉価帯でありながらも装着感がかなり良く、音もボイスチャット寄りにチューニングされ、マイク調整に自由も効く為にゲーミング用途に置いてはかなり活躍してくれる製品であるだろうと思う。
 悪い所も何か無いかと探しては見た物の、現状ゲーミングヘッドセットとして使う場合の欠点らしい欠点は見当たらなかった。

スポンサーリンク