[PR Review] PLEMO バルブ式圧縮袋

スポンサーリンク

 この度、Claybox Limited よりバルブ式圧縮袋のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は袋に布団や衣類を入れ、付属のポンプで空気を吸い出して中身を真空に近づけることで圧縮する事が可能となる袋である。いわゆる布団圧縮袋だ。

製品概要

パッケージ

20161111-dsc_0027

パッケージ内容

 再利用可能な 110x100cm 圧縮袋が 2 枚、バルブも 2 つ、ジッパーを止める為のシールスライダー、空気を抜くポンプマニュアルが付属する。
20161111-dsc_0028

使い方

 ジッパーが閉じているので開封した後、圧縮袋を広げて中に衣類や布団など保存したい物を入れる
 ジッパーから内容物までは多少の余裕をあけてあげてからシールスライダーを用いてジッパーを閉じる。ジッパー部分には軽く水分を付けて上げると密閉度が増すようだ。
 あとは吸引口に付属ポンプをはめ込んでシュコシュコ空気を抜いていくこととなる。もし手がしんどそうであれば掃除機を使った吸引も可能だとのことだが、やり過ぎると掃除機がダメージを受けるので連続して吸い込みすぎないように気を付けよう。
 掃除機を使っても仕上げの吸引はポンプの方が良いだろう。
20161113-dsc_0035

 ポンプでこれ以上空気を抜くのが辛くなってきたら外してバルブを嵌めて栓をする。
20161113-dsc_0036

 今季で使わない毛布 2 枚を入れて圧縮袋に入れたが、ぺったんこになってかなり薄くなった。
20161113-dsc_0040

 半分に折った毛布も圧縮されると更に半分へ折ってもそのままで安定してくれる。この為、厚さは勿論、面積もだいぶ省スペース化する事が出来た。
 この分だともう 2~3 枚くらい毛布が入りそうな感じだったが、それはまた春を迎えたときにでも試すとする。
20161113-dsc_0041

 今回はさほど厚みの有る物を入れたわけでは無いが、ぺったんこになった状態をみたらニヤリとしてしまう位に圧縮することが可能だった。ダイソーやら百均で打っている物よりも袋自体の厚みがありしっかりしているので来シーズンまで安定して保存できるのかもしれない。

おわりに

 季節的には既に厚みのある毛布や布団を出しているので、より大きな物を入れて試すには至らなかった。もう一枚は未使用状態なので夏物の洋服なんかを改めて洗濯後、あれやこれやと詰め込んで圧縮して来季まで保存してみようかなと考えている。
 110x100cm という大きさ掃除機要らずで圧縮出来る点が特段感じた長所であると思う。

スポンサーリンク