AMD X370/B350/A320 のスペックおさらい

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 Ryzen は CPU の性能ばかりに目が行きがちになっていたので、ここで SocketAM4 プラットフォームで用いられるチップセット X370/B350/A320 のスペックをおさらいしてみようかと思う。
 AM3 環境ではネイティブ対応していなかった PCIe 3.0 や USB 3.1 への対応が目新しいところだ。

チップセット及び RYZEN の I/O スペック

X370B350A320RYZEN
PCIe 3.000020
PCIe 2.08640
USB 3.1 Gen.22210
USB 3.06224
USB 2.06660
SATA 3.04222
SATA RAID0/1/100/1/100/1/10
OverClockoox
CrossFire/SLIo/oo/xx
  • Ryzen 自体は合計 24 の PCIe レーンを持つ。内訳は PCIe 3.0 で x16、USB 3.0 で x4、SATA 3.0 で x2 となる。残りの 2 レーンは PCIe 3.0 に回すか NVMe に使うかで変わってくるし SATA 3.0 の 2 レーンも潰して NVMe に 4 レーンを割くことも可。
  • PCIe 3.0 x16 は CrossFire や SLI 動作時、16 レーンを分割した x8+x8 動作となる。

どのチップを選ぶか

 特に何も考えずに X370 のチップセットを採用したマザーボードを購入するのが手っ取り早い。
 しかし、SLI はしない USB ポートはそんな沢山入らないと言うのであれば CrossFire のサポートがある B350 でも十分事足りる。
 CPU 型番末尾に X の付かないモデルで尚かつ CrossFire もしない、USB もそんな要らないのであれば A320 でも良いだろう。
 どのチップセットを選んだところで CPU からも SATA 3.0 x2 と NVMe が使える場合があるから、搭載可能なストレージ数で困らないかなと思う。

 取り敢えず MicroATX 以上のフォームファクタであれば B350 以上をチョイスすれば間違いはないだろう。

追記

2017/03/03 正式版とした別記事を掲載した。

AMD X370/B350/A320 のスペック 正式版
 先日は AMD の新プラットフォームである SocketAM4 対応チップセットの機能を各所より情報を集めた上でまとめてデータを掲載した記...
スポンサーリンク