[PR Review] RAVPower RP-UC07 / 4-Ports 5V/2.4A Total 40W 出力の USB 充電器

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 RAVPower より RP-UC07 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は 5V/2.4A 出力が可能な 4 Ports USB 充電器となる。充電器本体をケーブルでコンセントから離れた位置に置くことも出来るし、付属のマウンタを用いることでコンセントに直接繋ぐことも出来る非常にユニークで便利な製品だ。

パッケージ

 パッケージと開封直後はこの様になっている。

同梱内容

 一般的な USB 充電器なら充電器本体と電源ケーブルが同梱されているが、本製品は充電器をコンセントへ直結出来るマウンタも付属している所が大きな特徴だと思う。

外観とスペック

 USB Type-A 端子が 4 つあり 1 ポートあたり 5V/2.4A 出力が可能。ただし 4 ポート合計 40W を越えない範囲の出力になる。

 電源ケーブル及びマウンタを接続するための端子はメガネ端子になっている。ごく一般的な物だ。

 ボディ側面には RAVPower のロゴ。

 充電器のスペックも本体に記載されている。正しくはウォールチャージャーというカテゴリの製品のようだ。

 こちらがコンセントへ充電器を直結する為のマウンタになる。撮影の為に端子は起こしている状態だが、持ち歩く時はもちろん収納可能だ。

使い方

 付属の電源ケーブルを用いれば普通に使えるが、今回はマウンタを用いた接続を紹介する。
 次の写真のようにマウンタに対してメガネ端子の雄雌を合わせてはめ込む。するとコンセントからの交流電源がマウンタを通して充電器本体へ入力される仕組み。

 電源タップに繋ぐ形式を取った。もし旅先に本製品を持っていくとすれば電源ケーブルを持ち歩かなくても良い分、荷物を減らす事が出来る。
 家で使う場合でもケーブルが煩雑になりがちな場合ではマウンタ使用とした方が良い場合もあるかと思われる。

充電テスト

 Xperia X Performance を充電するときに出力されている電力は次の写真の通り、5.12V/1.5A (約 7.7W) の出力が得られていたので端末側の仕様通りの速度で充電がなされていた。何の問題もない。
 試しにと全てのポートで繋ぎ直したが、どこでも均一であった為、複数の端末を同時に充電しても問題はないだろう。

おわりに

 筆者個人としては RAVPower ブランドの充電器やモバイルバッテリーを高く評価しているが、本製品は安定した使用感に加えてユニークな使用法をも提供してくれる非常に素晴らしい製品であると感じた。
 電源ケーブルを使うかマウンタを使うかはその時のシチュエーションに応じて上手く使い分けが出来ればと思う。

スポンサーリンク