[PR Review] MUSON MC2 / Wi-Fi 対応 4K アクションカメラ

スポンサーリンク

 この度は SoundPEATS より MUSON MC2 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は Wi-Fi 接続に対応したアクションカメラとなり、ハードケースからハウジング、マウンタやリモコンに加えて予備バッテリーとバッテリー充電器までも必要な物が全て揃った豪華な製品となる。

製品概要

パッケージ

 カメラ本体のスペックは背面に記載されている通りとなる。
 また、Wi-Fi 対応モデルである事から技適マークの表示も正しく行われている。これが無い Wi-Fi 対応製品も Amazon.co.jp では多く散見されるだけに製品選びとしては非常に重要なファクターとなる。

スペック

 パッケージ背面に書かれているとおりの事となるが MUSON MC2 のスペックは次の通りとなる。

  • 動画解像度 : 4K@24fps, 2K@30fps, 1080P@60/30fps, 720P@120/60/30fps
  • レンズ画角 : 170°
  • 防水レベル : 30m まで
  • Wi-Fi 規格 : 802.11b/g/n
  • 対応ストレージ : microSDHC カード
  • バッテリー容量 : 1,050mAh
  • 撮影時間 : 1080P@30fps 90min, 4K@24fps 50min
  • インターフェース : MicroUSB, microHDMI

付属品

 かなり多くの付属品がある。今回はマニュアルに記載されているページを掲載したほうが見やすいと判断したので次に掲載する。

 アクションカメラを何かに固定する為のマウンタが豊富なので使用する組み合わせ次第で殆どの用途に対応出来るだろう。

製品外観

ハードケース

 22x17x7 [cm] サイズの大きすぎず小さすぎずなハードケースがパッケージの中に入っている。
 そしてこの中に全ての付属品が同梱されているので持ち運びにも困る事は無い。

アクションカメラ本体

 液晶サイズは 2inch。見えるところに技適マークの表示もアリ。


 バッテリーは底面のカバーを外してバッテリーに付いているベロを引っ張って抜き出す。記載通りバッテリー容量は 1,050mAh と多めの容量だ。

付属品

 ハウジングは固定具に工夫がなされており、今まで筆者が触れたアクションカメラのハウジングと比べると上部の黒い固定具が割れてしまうことがあった。しかし本製品では固定具の要となる部分に金属が用いられ、プラスチックの部品もハウジング本体に干渉して無理な負荷が掛からないような形状となっている。耐久性にも期待出来る物だ。

 ワイヤレスリモコンも付属している。動画と写真の撮影ボタンが付いているのでいちいちカメラに手を伸ばさずとも撮影が可能という訳になる。
 リモコンを腕などに回しておく為のバンドも別途付属しているので併用して活用すると良いだろう。

 今回特に気に入ったポイントがこの充電器。予備バッテリーが付属していても充電器が無い場合にはカメラに直接 MicroUSB ケーブルを接続する等しないと充電が出来なかったからだ。
 I/F も MicroUSB 端子になっているので、出先でバッテリー不足となってもモバイルバッテリーを用いた充電も出来る。

使い方

 バッテリーが充電されていなければ充電して microSDHC カードを挿入しておく。記録メディアが無ければ撮影は不可能だ。
 電源ボタンを長押しで ON になる。電源 ON の状態よりもう一度長押しすれば OFF となる。電源ボタンを 4 回おせば設定画面になるので日時を合わせておこう。
 撮影の使い方としては単純で動画モードでシャッターボタンを押すだけ。もう一度押せば撮影停止になる。なんら難しい事は無い。

動画撮影サンプル

 ママチャリのハンドル交換をしたのでハンドルバーに固定した撮影サンプルをここに掲載する。
 自転車自体の振動でブレはある物の青空が非常に綺麗に映っている。
 本製品自体の画質調整はしていない状態ではあるがシャープ過ぎず程よい解像度が得られている。

アクションカメラ MUSON MC2 ママチャリ固定撮影サンプル

静止画サンプル

 画角 170° となるのでかなり広く撮影が可能。室内で撮影したので光量不足だけど思ったより画質は悪くない印象だった。

 レンズは画角を確保するための超広角レンズなので近くにある物ほど魚眼気味に歪むがこれがアクションカメラの味になる。

おわりに

 マウンタが充実しているアクションカメラこそ普通に見かけるが、本製品の様にハードケースとバッテリー充電器までも付属してる製品は初めてだったので至れり尽くせりだなと素直に感心するばかり。
 諸事情により動画サンプルの用意が出来なかった所が申し訳なく思うところであるが、静止画の画質がある程度確保されているところから動画の品質も良い物であると感じ取って頂ければなと思う。

記事更新履歴

  • 2017/12/03 動画撮影サンプルを掲載した
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました