TackLife PCG01B / 充電式ミニルーターを買ってみた

スポンサーリンク

 電動工具があれば何かと楽が出来るもんで今回は穴あけしたり削ったり磨いたりが出来るミニルーターを購入してみた。
 今回ミニルーターを購入した目的としては「金属磨き」となり、穴あけや削る事はあまりないかなとおもう。

TackLife PCG01B 概要

外観

スペック

  • 回転数 : 5,000/10,000/15,000rpm の 3 段階
  • コレット径 : 2.3mm / 3.2mm
  • バッテリー : 3.7V 600mAh
  • 連続使用時間 : 約 90 分
  • 充電時間 : 最大 2 時間
  • 本体サイズ : 18 x 14 x 4.3 [cm]

付属のビット

 付属のマニュアルを読んでも何がどれだかサッパリだったので、その外見からあれこれ調べてみた。

  1. Φ3.2mm 軸用コレット
  2. フェルトバフ
  3. マンドレル (やすり用)
  4. ダイヤモンド砥石
  5. 超硬ドリルビット
  6. ナイロンブラシ
  7. 砥石
  8. ドリルビット (Φ2mm, 1mm)

 こちらは形状の異なるダイヤモンド砥石と砥石。やすり用マンドレルに装着するやすりも複数付属する。

使い方

 先ずは充電しておくと良いだろう。MicroUSB 端子があるので PC の USB 端子へ繋いだりスマホ用充電器などで充電を行えば良い。給電量としては 5V/0.5A (2.5W) 程度なので PC の USB 端子でも充電速度は特に変わらない。

 ビットの装着にはコレット部分を締めているネジを緩める必要がある。

 円で囲った所にあるボタンを軽く押しながらネジ部分を回転させると緩めることが出来る。ビットを嵌めたら同じ要領でネジをキッチリ締めてあげれば良い。
 あとはグリップの黒いボタンを押せば電源が入り、一旦 MAX 回転したあとに 5,000rpm モードで回転をしてくれる。
 以降、電源ボタンを押す度に 10,000rpm、15,000rpm と回転数が上がり更に押すと電源が切れる仕組み。尚、電源ボタンを 2 秒長押しする事で一気に電源 OFF にする事も可能だ。

ビットスタンドを作って見る

 付属のビットも一部は取り出しやすくケースに入っているが、半分位はただ放り込むだけになっていて取り出しづらい。
 それならば使いやすくスタンドを作ってしまえば良いなと言う事でビットスタンドを作成した。

 付属のビットは Φ2.3mm なので太い方のドリルビットで Amazon 段ボールの中敷きを加工して穴あけしていくだけの簡単な作業。コレットを差し込む穴は先端が三角形になっているダイヤモンド砥石で穴を拡張してあげるだけで済んだ。
 早速の作業も本製品のおかげで簡単に穴開け出来て楽々だった。

指輪を磨く

 手っ取り早く何か磨く物は無いかなと思ったら自分が嵌めてる結婚指輪が目に付いた。細かい傷も多くくすんでいたから早速コットンバフを使って磨いてみた。
 砲弾型のバフ先端に研磨剤としてピカールを塗布し 5,000rpm でゆっくり磨いてみた。

 その結果がこれ。

 ピッカピカである。

 余りに深い傷まではなんともだけど、新品当初に近い輝きを取り戻すことは出来たと思う。
 何より電動なので手早く磨くことが出来てちょっと楽しい感じ。

おわりに

 取り敢えず何かを磨くことを考えて購入してみたけど、付属のビットを上手いこと使えば錆落としや穴あけし辛い素材への穴あけも容易に出来るだろうと思われる。
 何より電動工具は手持ちの種類が増えるとなんだか嬉しい感じなので満足度も高く良い買い物をしたかなと思った。

スポンサーリンク