Windows で Vim これ(・∀・)イイ!!

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

普段スクリプトを書いたりとかタイピングが多いのは Linux 上の Vi (Vim)。
こいつは Windows でその辺に転がっているようなテキストエディタとは
出来が違う。(色んな意味で)
基本はコマンドモードに滞在し、入力されたコマンドによって編集モードに
移行したり、置換モードいったりとかあれこれ。
カーソルキーを使わないのでホームポジションを崩さずサクサク書ける
優れたエディタ。

これの Windows 版で出来のいいやつを見つけたので使ってみた。

ダウンロードはこちらから。
KaoriYa

基本動作として初期状態ではコマンドモードなので、編集に移行するため
「i」を押す。これは「Insert」の「i」てな感じ。
これでダラダラ文字を打ち込んでいく。
編集モードから抜けるには「ESC」キーを押してコマンドモードへ写る。
こいつを使っている時は「ぜってーカーソルキーや BS キー、DEL キーを
使わない」これ鉄則。
これらはコマンドモードで「x」を押せば「DEL」となるし、「X」で
BS キーとなる。編集モードで「CTRL+h」でも「BS」キーと同じ動作もする。
カーソルの移動は次の 4 つを使うこと。「hjkl」。順に「左下上右」に対応。
カーソルのある次の行に 1 行追加は「o」コマンド。現在の行へ追加は「O」
1 行コピーは「yy」。ペーストは「p」。現在の行へペーストなら「P」となる。

あれこれややこしくてなんだけど、これ憶えちゃうと便利でたまりません (笑
一度触れてみてはどうかな! ってな所です。

慣れすぎると~この記事書いてる俺みたく Windows のブラウザで文字打って
いるっちゅーのに ESC 連打してたり hjkl なんてしちゃったりする orz

Linux/UNIX だと Vi 使いと Emacs 使い辺りで分かれるかなと思うけど
Vi はどのみち使えるようになってないとお話しにならないかな。
Emacs はどの環境でも入っているとは限らないしね。
Vi ならデフォで入っているディストリビューションが殆ど。

スポンサーリンク
Software
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました