Firefox 65 がリリースされて WebP の画像形式に対応

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

 Firefox65 がリリースとの記事を見かけて更新チェックしてみたら無事に適用された。

「Firefox 65」が正式公開 ~トラッキング保護を改善、WebP/AV1をサポート/脆弱性の修正はCVE番号ベースで7件
 Mozillaは1月29日(米国時間)、「Firefox 65」を正式公開した。「Firefox Quantum」を冠した9番目のメジャーリリースとなる本バージョンでは、トラッキング保護機能の強化、多言語対応の改善、新しいコーデックのサポートなどが行われている。

 詳細な更新内容は上記サイトを参考とさせて頂くことにして、筆者個人的には WebP 対応を待ち望んでいた。
 WebP は JPEG と比べても画質の劣化を抑えつつ高効率な圧縮によりファイルサイズの大幅縮小を見込める画像フォーマット。
 写真ではファイルサイズがどうしても大きくなりがちなので閲覧者への負担を強いる事にもなり得る。

 そんなもんで後は WordPress が WebP に関する処理がサポートされ次第、レビューなどで写真を掲載する時は画質に問題ないようなら WebP 形式の画像を埋め込んで行こうかなと考えている。
 何にしても同等画質であればファイルサイズは小さい方がエコ。

 今回はサンプルとして年始に撮ってきた写真を JPEG と WebP で並べてみようかなと思う。

JPEG 形式 484,144 bytes

WebP 202,582 bytes (非対応ブラウザではクリックしても表示されない)

 WebP は JPEG のソースを画質設定 80 で保存した物となる。ファイル容量半分以下で良く見ないと劣化部分が分かりづらい。

 また WordPress 自体の WebP サポートが正式にはまだのようなので、次のようなコードを functions.php に記述しておかないと WordPress のアップロード機能すら使えなかった。

function custom_mimeTypes( $mimes ) {
    $mimes['webp'] = 'image/webp';
  return $mimes;
}

add_filter( 'upload_mimes', 'custom_mimeTypes' );

 更に「メディアを追加」で貼り付けても WebP 画像から解像度情報を取得出来ないようで width, height やら手打ちしてあげる必要もあった。
 サムネイルの自動生成されていないので、このあたりのサポートを待ってからという方が良いかな。プラグインで変換させるのはなんかアレだし。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました