AMD Chipset Driver が Windows 11 をサポート。しかし……

Windows
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 AMD Chipset Driver が Version 3.09.01.140 にて Windows 11 のサポートが追加された。

https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-ryzen-chipset-3-09-01-140

 しかし、Chipset Driver がサポートする CPU/APU のリストを見るとやや不穏な感じが。

AMD Chipset Driver がサポートする Chipset

 Chipset サポートは最初期の A320, B350, X370 から始まり、WRX80 まで全ての Chipset をサポートする。

AMD Chipset Driver がサポートする CPU/APU

 気になるポイントはここ。
 Windows 10 では Ryzen と付く名の CPU/APU は全てサポートされている。

 しかし、Windows 11 となると……

 赤線を入れた部分の CPU/APU が “Chipset Driver のサポート” から外れる様だ。

 これは Windows 11 自体がサポートする CPU/APU に合わせる形になったという事だろうか。

Windows プロセッサ要件 - Windows 11 でサポートされている AMD プロセッサ
この仕様では、Windows 製品 (カスタム イメージを含む) が含まれる Windows 11 カスタマー システムで使用できる AMD プロセッサについて詳しく説明します。

おわりに

 手元に検証する環境が既にないのでなんとも言えないが、”インストールは出来るけど動作保証はしない” という形ならまだ良いが、”非対応環境ではインストールされない” 等となれば厳しい物があるだろう。
 Windows 11 自体、サポートされない CPU/APU でも ISO メディアからクリーンインストールを行えば普通にインストールが出来るという話しだが、こうして Chipset Driver がサポートしなくなると言うようなリスクがあった。
 それが今回、早速表面化してしまった―― という形になる。

 ともあれ、実際はどういう挙動をするのか 2021/10/05 の Windows 11 リリースを待って情報を集めたい。

スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました