Nginx 1.25.1 に更新したメモ

Linux
この記事は約2分で読めます。

はじめに

 Nginx 1.25.0 より HTTP/3 が実験的に実装されたので、nginx-quic で公開されていたベータ版のソースから移行した。
 今回 1.25.1 に更新されたことにより廃止されたオプションがあったりで設定ファイルを書き直さなければいけない箇所があったのでメモ。

Listen ディレクティブの変更

 HTTPS で HTTP/2 をサポートするには

    listen 443 ssl http2;

 なんて感じに記述してきたが、1.25.1 以降は

    listen 443 ssl;
    http2 on;

 といった感じに分けて書くようになった。
 http2 on を記述しない場合、HTTP/1.1 でやり取りすることとなる。

一部オプションの廃止

 一部のリソースを先読みさせるのに用いていた http2_pushhttp2_push_preload が廃止されていた。
 このオプションは WordPress を動作させているホストで使用していたので、該当する記述を取り敢えずコメントアウトしておいた。

ソース

 Nginx 1.25.1 の Changelog 参照。

https://nginx.org/en/CHANGES

 設定ファイルの記述に関してはドキュメントを参照。

Module ngx_http_v2_module

おわりに

 設定変更の対象ホストが多い場合は sed -i なりでドーンして nginx -t してから再起動かな。
 数が多いと面倒臭いので慎重に。

著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父な 40 代半ばのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.