スマホ充電に使う MicroUSB ケーブル二選

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 多少 USB ケーブルを試用させてもらったりしたうち、品質や特徴的且つ実用的なケーブルを 2 つ紹介してみようと思う。
 要は自分が気に入って普段使いになっているケーブルという事で。

Omaker リバーシブル USB ケーブル

 ケーブルが柔らかいけどスリーブケーブルの上にビニール皮膜で耐久性にも期待出来る。
 現状、Logicool G900s というワイヤレスマウスへの電源供給用として常時接続したままとしている。リバーシブルで脱着に気を使わなくても良いような事が長所でもあるのに「繋ぎっぱ」とはこれ如何にって具合だけど、ケーブルが柔らかくて取り回しが楽な長所の方を活かしている状態だ。
20160410-DSC_0040

 レビュー記事

Omaker 両端リバーシブルな MicroUSB ケーブルのレビュー
 この度 Omaker よりリバーシブル MicroUSB ケーブルの提供を頂いたのでレビューをお送りする。  USB Type-C でも無...

Tronsmart MUPP8

 これは極普通というのもおかしいけど端子部分が金メッキ処理されている見た目にもデバイスの端子的にも優しいケーブルである。
 ケーブル長が 30cm x1, 1m x2, 1.8m x3 の 6 本セットとなっているので、自分は 30cm を外出時の充電用、1m と 1.8m は洋室で QC 3.0 対応充電器に繋いだまま、もう 1 本 1.8m を和室にある USB 充電器に使用している状態に。
20160410-DSC_0041

Tronsmart MUPP8 - MicroUSB ケーブル 6 本セットのレビュー
 この度は Tronsmart より Tronsmart MUPP8 の提供を頂いたのでレビューをお送りする。  USB to MicroU...

そんなわけで

 幾つか試用してきた USB ケーブルであるが、現状としてはこの 2 製品がお気に入りとなっている。
 当然、品質面に於いて両製品とも現状手持ちで対応している Quick Charge 2.0 対応デバイスで 12V/1A 以上の給電を確認しているので問題は皆無である。
 また何か試用してきた別カテゴリの製品で個人的に特にオススメしてみたい物があれば、この様に簡単な紹介をしてみたいと思う。でもたしか前回は Bluetooth 対応ヘッドフォンで似たような事を書いたような気もしたから、不定期シリーズ化とでもしておこうかな。

スポンサーリンク