Schillern Picnic Fun Sheet / 防水レジャーシートのレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Uber Haus より Schillern Picnic Fun Sheet 防水レジャーシートのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。Schillern は “シーラン” と読み、ドイツ語で「虹色」の意味がある。
 本製品はタータンチェック柄で表面と裏面が共に防水であり、150x200cm と広々としたサイズ、厚みは 1mm と薄型でクッション性の無いタイプのレジャーシートだ。別途収納袋を必要とせず、シート単体で折りたためば手に持って運ぶことが出来るユニークな製品である。
 複数のカラーバリエーションがあるが、今回はタータンチェックネービーに関する記事となる。

はじめに

 本レビュー依頼を受ける際、うちの嫁さんに話しをしたら「それ知ってる」と返事が来た。長男と次男の運動会に向けて、レジャーシートを探している最中だったようで、その購入候補のうちの 1 つがこの Schillern のレジャーシートだったみたい。
 よって一部嫁さんの言葉も入れていこうと思う。

パッケージ

20160421-DSC_0002

外観

 レジャーシートとして単体のみで持ち運びが可能な工夫された作りであると見て取れる。
20160421-DSC_0003
 取っ手が付いているから、折りたためばそのまま手持ちで運ぶことが可能である。
20160421-DSC_0004
 重さは実測 1,184g となった。サイズ自体が 200x150cm と広いので当然、この程度の重さにはなるだろう。
20160421-DSC_0005

表面のチェック

 この手のデザインを持つレジャーシートは起毛タイプが殆どだそうで、起毛では無いタイプを探すと本製品に行き着くとの嫁さん談。起毛タイプだと食べ物や飲み物を溢した後の掃除に骨が折れるからと、とにかく避けていたから本製品はどんぴしゃだとの事。
 かく言う筆者も防水オックスフォード生地を採用した表面の触り心地は気に入った。
20160421-DSC_0006

裏面のチェック

 裏面はポリエチレン素材になっており、勿論こちらも防水である。「子供が飲み物を溢してシートの縁から地面を伝い、結局裏面からしみ出して靴下が濡れる」だとか言う結果になる事が実体験としてあるから、表裏共に防水であることは不測の事態に於いても安心して利用が出来る物だと思われる。
 ただ、このポリエチレンの臭いが強いので、実際に使う前に広げてある程度臭いを散らしておくと良いだろう。
20160421-DSC_0009

広げて畳む

 嫁さんに手渡したら突然布団の上に広げ始めたので、写真は割愛というか NG が出ている。
 要は女性であってもパッと広げた後、元通りに畳んで仕舞えるかをやりたかった様だ。結果として、初めての折りたたみであっても少しの試行錯誤の末に無事元通り畳むことが出来ていた。ポイントとしては最後に丸めるときは女性なら体重をかけながら折りたたんで行くと綺麗に折りたためる事だ。男性であれば握力で潰しながらで行けると思われる。少なくとも筆者はそれで行けた。

おわりに

 お花見のシーズンが過ぎてしまったので、これからの季節であればゴールデンウィークや子供達の夏休み中に行く予定の海、10 月に予定されている運動会等々と年間を通して利用するシーンも多いから、これだけ品質の良いしっかりとしたレジャーシートを手元に置いておくのは非常に心強い。
 別途収納袋無しで OK、両面防水、起毛ではない、200x150cm と広い等と言った我が家のニーズを全て満たしているから手放しでべた褒めしたい製品である。
 欲を言えば多少のクッション性を持たせた製品もあれば尚良いと思う。



スポンサーリンク