AMD Radeon RX 480, 470, 460 の情報をスライドから読み解く

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 日本 AMD より Polaris に関するスライドをご提供頂いたので、昨日掲載した記事

AMD Radeon RX 470 と RX 460 が発表された
 PC Gaming Show で Radeon RX 480 に続いて RX 470 と RX 460 に付いて発表された。

 これを補足する形で執筆していたが、長くなったので別記事としてまとめた。

Polaris に関するスライド

 Polaris に関するスライドを日本 AMD より提供頂いたので、その内容を交えつつ筆者なりの感想など書き加えていこうと思う。

Polaris 10 と 11 の基本スペック

 おさらい的な確認をすると、Polaris 10 が上位、Polaris 11 が下位という位置づけとなっている。数値の大きい 11 の方が高性能と思い込みやすいナンバリングである。
 両者の差異は Compute Unit に大きな差が設けられ、メモリバンド幅も Polaris 10 が 256bit に対し Polaris 11 は 128bit と半減する。
 演算性能は Polaris 10 の 5TFlops 以上に対し Polaris 11 では 2TFlops 以上となる。Polaris 11 では半分以下と言った感じに差が大きく感じる所ではあるが、実のところ現行の Radeon R7 370 (約 1.9TFlops, TDP 110W) よりも高性能で尚かつ、TDP が 75W 以下と補助電源が不要なレベルにまで大幅に下がっている。
 Polaris 10 に関しても現行製品と比較すると、おおよそ Radeon R9 390 (約 5.1TFlops, TDP 275W) が当てはまってくる。RX 480 の現状で判明しているスペックは 5.5TFlops, TDP 150W であるので、同様に高性能且つ TDP 大幅低下となっている。
15_amd_slide_p28

Radeon RX480 スペック

 RX480 は FullHD 以上の解像度に於けるゲーミングや高品位な VR 環境をターゲットにしているので、その通りの表記となっている。
 スペック表記は上記 Polaris 10 の物を踏襲しつつ、PCI-E 補助電源端子が 6pin x1 である事が追記されている。PCI-E x16 スロットから 75W、6pin 端子から 75W の合計 150W が最大供給電力となるので、実際にはもう少し低い実効消費電力になる。
15_amd_slide_p30
 Premium VR 環境に於ける R9 380 とのパフォーマンス比較を行うと大きな差があるとされている。恐らく R9 380 との比較はローンチ時の MSRP が近いからであろうか。R9 380 2GB が $199、RX480 4GB も $199。比較自体は RX480 8GB であるが、R9 380 も 4GB 版になると似たような値段関係になるのかなとも思える。
15_amd_slide_p31
 RX 480 が対応する各機能も示されている。特に目を惹くのは DP 1.4 HDR だろうか。この先 HDR でグラフィクスの綺麗な表示が流行っていくのかなと思う。FreeSync も恐らく HDMI でも対応していくのかなと。
15_amd_slide_p32

Radeon RX 460, RX 470

 残念ながらこの 2 モデルに関するスペック公開は成されていない。
15_amd_slide_p33
 ただ、巻末の Endnotes に目をやるとパフォーマンス比較に於ける環境、スコアが示されているのでここから読み取ることが出来る情報も多い。
 例えばスライドから次の一部分を抜粋すると RX 470 の TDP が 110W である事や 3DMark FireStrike (Preset 1080p) のスコアが 9,090 である事が読み取れる。その他、Ashes, Hitman, Overwatch といったゲームタイトルをプレイしたときのパフォーマンスも見受けられる。

Testing conducted by AMD Performance Labs as of May 10, 2016 on the AMD Radeon™ RX 470 (110w) and AMD Radeon™ R9 270X (180w),on a test system comprising i7 5960X @ 3.0 GHz 16GB memory, AMD Radeon Software driver 16.20 and Windows 10..
Using 3DMark Fire Strike preset1080p the scores were 9090 and 5787 respectively.
Using Ashes of the Singularity 1080P High, the scores were 46 fps and 28.1 fps respectively.
Using Hitman 1080p High, the scores were 60 fpsand 27.6 fps respectively.
Using Overwatch 1080p Max settings, the scores were 121 fps and 76 fps respectively.
Using Performance/Board power, the resulting average across the 4 different titles wasa perf per watt of 2.8X vs the Radeon R9 270X.
Test results are not average and may vary. RX-6

15_amd_slide_p34

おわりに

 細かい事をごちゃごちゃ言うよりも、唯々、このワットパフォーマンスとコストパフォーマンスには驚くばかりなのでひたすらに 6/29 の発売日を楽しみに待つばかりである。
 筆者はお財布の関係とリファレンスを避ける習性から、もう少し先になってから手にするかと思われるが……

スポンサーリンク