[PR Review] BESTECHNO 自転車用スマートフォンホルダー

スポンサーリンク

BuCCi Recommend
 この度、Fantasy sheep より BESTECHNO 自転車用スマートフォンホルダーのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は自転車のハンドル部分に固定することで、スマートフォンをマウント出来る様にするホルダーである。ホルダーの脱着も容易であるし、スマートフォンのサイドボタンがアームと干渉し辛い構造になっているので非常にオススメ度の高い製品だ。

製品概要

 同梱内容としてはスマートフォンホルダーに固定用クランプ、ゴムバンドとなっている。
20160912-dsc_0020

製品外観

 ホルダー部分はアームにより左右から挟み込む力でホールドしつつ、底面を受ける部分を手前に出しておけば下にすっぽ抜ける事を防止出来るだろう。
 アームは右側面下にあるボタンを押すと自動で開く仕組みとなっているので、脱着が非常に容易である。
20160912-dsc_0021

 よりガッチリ固定したいのであれば、ゴムバンドも併用する必要がある。ゴムバンドを使用するにはクランプ側に付いているネジを一旦取り外した上でゴムバンドを通し、改めてネジ止めする。ちょっと面倒。
20160912-dsc_0025

使用感

 筆者の持つ Xperia X Performance をマウントしてみたが、これが驚くことにサイドボタンが一切干渉しなかったのである。
 大半のこう言った製品では Xperia 系の場合にはサイドボタンが押されたままになるので、位置を微調整しながらマウントしなければならなかった。細かい気遣い無く、そのまま乗せてアームを閉じるだけで良いからもの凄く良い。
20160912-dsc_0024
 実際にサイドボタン周りがどの様になっているかをみると上手い事避けられていることが良く分かる。
20160912-dsc_0023

おわりに

 自転車用スマートフォンホルダーを使うとき、いつもサイドボタンと干渉してしまってボタン位置を確認しながらマウントしているのなら、本製品に乗り換えるだけの価値はあるのかなと思う。
 現状、自転車ではゴムバンドでガッツリ固定しなくてもホールド感に不満は無いが、バイクなど落下させると確実にヤバい場合にはゴムバンドの使用は必須とした方が良いだろう。

追記

2016/09/26

 レビューを執筆後から約 2 週間使い続けているが、ゴムバンド未使用でド安定しておりかなり重宝している状態に。
 唯一脱落する可能性としては、振動でスマホが上にすっぽ抜ける以外無いのだが、そこはアームのホールドがしっかりしているので現状としては心配無用だろうか。
 雨の降るなか、本製品を装着したまま放置していても濡れることで何かがおかしくなるような事も無く非常に良好である。
 ちなみに主な用途は「ポケモンGO」の距離稼ぎである。

スポンサーリンク