[PR Review] SOULBEAT LB-902 / ゲーミングヘッドセット

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

BuCCi’s Recommended

 この度、ジェンツトレーディング株式会社より SOULBEAT LB-902 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はパソコンでの用途は勿論、Playstation4 や Xbox といったコンシューマー機でも使用が可能となるゲーミングヘッドセットとなる。
 以前、当ブログでもレビューを行った同 SOULBEAT LB-901 の後継として順当な進化をしている。

パッケージと同梱内容

 パッケージはゲーミングモデルを全面に打ち出す赤と黒を基調とした物となっている。

 同梱内容としてはヘッドセット本体に四極ミニプラグ変換ケーブル、マニュアルが付属する。
 尚、写真に写っている青いスタンドはハンガーを加工して自作した即席のヘッドホンスタンドである。

ヘッドセット外観

 ハウジング部分はクロームメッキのされたプラスチック製となっている。

 イヤーパッドは深さが 24mm もあるので耳をスッポリと覆いつつドライバー部分に耳が接触しないため、非常に装着感が良い。加えて頭を挟み込む力が少し弱めなこともあって長時間の連続使用に於いても疲れを感じることもない。

 マイクはフレキシブルに多方向に曲げることが出来る。吐息がかかるほど近くに曲げても若干戻るような感じになるので、変にハァハァと呼吸音が入り込む事も少なそうだと感じる。

 入力は四極ミニピンを採用している。スマートフォンなど対応していればそのまま差し込むだけで音楽とマイクが同時に使用可能で、非対応であれば付属の変換ケーブルを介してスピーカー出力とマイク入力にそれぞれ対応したピンを接続すれば良い。

操作方法

 ケーブルの途中にコントローラーが付いているので、ボリューム調整とマイクの ON/OFF が可能。急な離席時にはマイク ON/OFF は必須となるので、手元で簡単に操作出来る点はありがたい。

音質チェック

 ゲーミングヘッドセットであるから音質よりも使用感と思ったが、ちょっとばかり予想以上に音が良かったので評価対象とした。
 使用器機はスマートフォンである Xperia XZs に直接接続してプリインのミュージックアプリを用いて試聴を行った。イコライザやその他エフェクトは全て OFF のドノーマルという設定とした。
 当初はゲーミングヘッドセットという事もあり、中域をブーストしたような音を想像していたが本製品は全ての音域において癖のあるチューニングが一切無く、そのまま音楽鑑賞も十分耐えうるクリアで素直な音質に仕上げられていた。
 低音は重低音という訳ではなくナチュラルに低音が鳴り、中高域もギラつかない程度に伸びのある音が出ると言った感じだろうか。
 取り敢えず一曲聴いただけでこれ以上言う事は無いと感じさせてくれる良い音質だったので、ゲーミングヘッドセットではあるがヘッドホンとしても評価はかなり高い。

使用感

 外観の部分でも書いた事だが、装着感がとても良いので第一に疲れない。そしてマイク位置調整は自由度も高い為、多くの人が快適に使えるのではと思う所だ。
 また装着感に於いて締め付ける力が弱めという事に於いて疲れづらいというメリットがあるが、完全な密閉状態とはならないので若干の音漏れは免れないといったデメリットとなり得ることも少なからず存在する。
 とは言え室内で使用する場合では音漏れに気を使うよりも音に集中するための用途であろうから個人的には気にならないポイントでもある。

おわりに

 現状 4,000 円以下のゲーミングヘッドセットとしては完成度が非常に高いものであると感じる。前作 LB-901 よりも音質や装着感、マイクの可動範囲といった全てに於いて上回ってきている。
 総じてコストパフォーマンスに優れた製品なのでゲーミングヘッドセットをこれから買ってみようかなと考えている人は是非試してみて欲しいかなと思う。
 オススメ。

スポンサーリンク