WordPress の新エディタ Gutenberg が気にくわないので Classic スタイルに

WordPress
この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 WordPress 5.0 がリリースされて先ず目に入って「なんだこれは」となったのは新エディタの Gutenberg。
 ここ 10 年ちょっとはプロフィールから「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れたテキストエディタを使用。
 段落は Markdown で行頭に ## とか ### と書いてきたし、装飾なんかもインラインでやって来た。

 そう言ったスタイルも Gutenberg ではちょっと無理があった。なんせ Markdown に対応していないし文字装飾も簡単な物だけで定形化したタグから class だけちょっと書き換えてみるなんて細かい事が非常にやりづらい。
 今後のことを考えれば Gutenberg に慣れていくべきなのかなとは思う所だけどもう少し熟れてきてからでも良いかなという事でエディタを Classic スタイルに戻すことにした。

 インストールするのはまんま Classic Editor という名のプラグイン。インストール完了後そのまま有効化した。

Classic Editor
Enables the previous "classic" editor and the old-style Edit Post screen with TinyMCE, Meta Boxes, etc. Supports all plugins that extend this screen.

 一応 設定 以下 投稿設定 より次のスクリーンショットに示すエディタ設定にしておいた。

 そんなこんなでまた今まで通りのテキストエディタが戻ってきた。

 WordPress での記事執筆方法は人それぞれ多種多様ではあると思うが筆者はこのエディタが一番簡単で楽に作業が出来る。
 しかし折を見て Gutenberg に触れる事も忘れないようにしておこうかと思う。

スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

  1. こんばんは。
    事前情報がなかったのでまじでビビりましたよw。
    Classic Editorは最低でも2021年ではサポートされるそうですが
    永遠にサポートしてほしいですよね。

    • こんばんはー!
       自分もβ版とか触れずに情報なしでドーンだったからなにこれ状態になりまして。
       特にプロフィールで「ビジュアルリッチエディターを使用しない」にチェックを入れていると TinyMCE みたいなツールバー的な何かが表示される事も無いのでホント何も出来なくなりますw
       2021 年までサポートされると言う事でそれまでに AddQuickTag やら外部プラグインが使えるようになってくれていればなと思います。

タイトルとURLをコピーしました