メモリ OC 再調整

PC
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 先日、なんだか耐性が落ちたかのようにエラーが出る感じになったので、タイミングを緩めつつ VDIMM 1.420V まで盛って次のような感じで落ち着いた。

 でもなんか悔しい感じがしてならないので、以前までギチギチに詰めていた物をベースに再調整する事とした。

 調整したところで速度差を体感することはないし、完全に自己満足の世界である。

キツい箇所を緩めて再調整

 前回の記事でも使った画像を流用するとこんな感じ。エラーが出ちゃってるというもの。

 このタイミングでかなりキツい所を攻めているのは

  • tWTRL
  • tRDRDSCL
  • tWRWRSCL

 この 3 つ。
 海外のフォーラムを見ていると、タイミングのキツさを表現するのに Safe, Tight, Extreme って 3 段階の物をよく見かける。
 この 3 つで表現するなら上記 3 項目はどれも Extreme に当てはまり、キツいものになる。恐らく選別メモリじゃないと通いにくいタイミングだろう。

 そして該当箇所を緩めてあげる。

  • tWTRL : 8 ⇒ 10 (Tight)
  • tRDRDSCL : 2 ⇒ 4 (Safe)
  • tWRWRSCL : 2 ⇒ 4 (Safe)

 と、こんなかんじで。

ストレステストをしながら最終調整

 ストレステストを通してソフト側でエラーを検出したら VDIMM を上げ、WHEA Logger ID 19 が出たら VSoC を上げるなり SoC Load Line Calibration を上げて再テストを繰り返す。
 筆者の場合、ストレステストとして Karhu RAM TestTestMem5 Extreme1 設定が、共にノーエラーでクリアする状態を以て常用可能としているので時間が掛かる。

 実際のストレステストでは Karhu RAM Test で Coverage 12000% をクリアしたセッティングでも TestMem5 Extreme1 では 1 cycle 目で速攻エラーを検出したりでもどかしい物があった。

 そんなこんなで 2 つのストレステストをノーエラーでクリア出来るようになったのは VDIMM 1.450V とした以下のセッティングとなった。

 寝ている間に放置して、起きたら 15000% クリアしていたけど HWiNFO をみると WHEA Logger ID 19 が出てたパターン。
 VSoC 1.04375V 設定にしているが、HWiNFO を見ると最低値が 1.024V まで落ち込んでいた様なので、恐らくそのタイミングが重なったときに WHEA Logger が出た物と推測。

 WHEA Logger ID 19 が出るけどメモリ側のエラーが出ないという事は、単純に VSoC 系が足りないからなので VSoC を 1.04375V から 1.05000V にしてあげた。

 ストレステスト中は HWiNFO を起動して「Total Errors」の項目と、VDIMM, VSoC の電圧値を確認するようにしておくと吉。

 続いて TestMem5 Extreme1 を 3 cycle 回す。メモリ周りへの負荷としては基本的にこちらの方が強力。
 これは全く問題なくノーエラーでクリア出来た。
 VSoC も 1.05000V で WHEA Logger が消えたので安心。

 ということで、今回はこれで常用可能なところまで調整する事が出来た。

調整したところで性能向上は……

 1usmus 氏の DRAM Calculator for Ryzen の MEMbench を実行してみた。

 前回の記事で調整した CL16 フラットな調整よりも 2 秒速い結果となったが、この 2 秒差をどう取るか。
 正直体感差なんてものは無いし、動画エンコードしても 1fps 向上するかどうかって微妙なライン。

 だがしかし、メモリ OC は満足度を大きく高める遊びであると思っているので、満足度は非常に高い。
 なんか「やった感」が強いから。

 この設定でまたエラーが再発しないことを祈って常用していこうと思う。

 メモリ OC は全て自己責任の上で行う必要がある。なにかおかしくなっても誰も責任を取ってくれない。
スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました