A8-3870K でストレステストと OC

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

せっかくの K が付いた倍率固定無しモデルなので、多少の OC はしてみたい。
OC する前に、付属の純正ファンの冷却性能を知らないとヤバイので、ストレステストを
先に行った。


しかし、昨日の記事通り Core#0 がどうしても落ちちゃう不具合があった。
問い合わせた結果、この件に関しては APU 交換して頂けたので助かった。
やはり CPU 部のコアがおかしかった様で、交換後は一切不具合が起きなかった。

手っ取り早くデータを取る為に用いたのは OCCT 4.3.1。
OC をしたり、電源ユニットを買った後なんかによく使う定番アプリ。
A8-3870K 付属ファンを取り付けた状態で CPU:OCCT テストを行った。
グリスは拭き取ってしまったので、SANWA SUPPLY TK-P3S という熱伝導率が 6.5w/mK の
シルバーグリスを塗布した。

発熱具合はこの様な結果になった。

温度はコアクロックではなく、SuperI/O が拾ってくるセンサ温度にした。
見ての通りで 75℃ 辺りまで上昇してしまっている。これで OC は止めた方が良い。

さてどうしよう。と考えていたら未使用でファンが転がっていたのを見つけた。
PhenomII x6 1090T の付属品だ。TDP125W 用の物で、ヒートパイプが 4 本ある。
これなら多少良くなるだろうと取り替えてみた。

尚、グリスに関しては同様に TK-P3S を塗布。
その結果は次の通り

こちらはピークで 63℃ 程。
勿論これでもかなりの発熱になってしまっているので、正直 OC は辛いかも。
なによりファンが 6500RPM で回る為、非常にうるさい。
近い内に Samuel 17 というファンを買おうかと思う。

そしてここからは OC の話し。
動作クロックを詰めていくやり方は人それぞれかなと思う。
自分の場合、電圧定格のまま 100MHz ずつクロックを上げる。
そしてストレステストとして Prime95 を 10 分程走らせて、Worker がエラーを
吐く 1 歩手前のクロックにする。

これを行った結果、3500MHz にしたところで Worker#4 がエラーを吐いた。
なので、1 歩手前の 3400MHz に設定した。電圧は定格 1.4V のまま。
電圧を盛っていけば 3500MHz 以上も行けると思うけど、クーラーが貧弱なので
これ以上の発熱は無理。

A8-3870K @3400MHz 1.4000V 時 CPU:OCCT テストを行った際の消費電力は
最大で 196W にもなった。恐らくファンも 6000RPM 近かったのでその分増えたのかと。

IDLE 時には 45~48W 程に落ち着く。
発熱はピークで 67℃。定格時 +4℃ 程で落ち着いてくれた。

しかし、付属の純正ファンで OC は何かと間違っていると言わざるを得ない結果に。
温度が高くなるとソケット周辺の温度も上がり、電子部品の劣化も早くなるので
別売の CPU クーラーを必ず付けましょうという事に。

後はこの 3400MHz まで OC した状態でベンチマークを行った。

3DMark11
APU Clock3400MHz3000MHz
3DMark ScoreP1105P1100
Graphics Score990992
Physics Score38923577
Combined Score921904
3DMark06
3DMark Score74087103
SM2.0 Score25272442
HDR/SM3.0 Score30302889
CPU Score47584542

やはりというか、DirectX11 ベースよりも DirectX9 ベースの方が伸び幅が大きい。

ただ、OC を行ってまで性能を上げると折角の省エネマシンが台無しな
気がしてならない。
VGA も増設せず、最小構成定格運用こそが A8 系の醍醐味と思う。

もっとパフォーマンス的な事は A10 系に期待したい。

で、今後は MicroATX のケースをなんとかして、クーラーも Samuel 17 にしつつ
省スペース省エネなマシンとして活躍して頂こう。

次回更新は未定とする。

スポンサーリンク