Intel X25-V を使ってみた

スポンサーリンク

買った日に取り付けるのがアレかも知れないけど、面倒臭くて放置してますた。
んで、やっぱモッサリ感があったりで SSD 行ってみますか!? ということで、マウントしました。


付属のマウンタにネジ止めしてみたところはこんな感じ。

マウンタに取り付け

それからはケースこじ開けて配線と。ケース内でのエアフロー考えると、VGA よりも下に入れなきゃなぁと。
アレコレ考えた結果、「一番下でいいや!!」ということで取り付け。
既に入れてある SATA の電源が届かないので、プラグインのケーブル出してきて電源ユニットに追加。
折角のプラグイン方式の電源なのにグチャグチャになってしまったという…

んでま、全部ケースにぶっこんで電源 ON。不具合無く起動と。
WindowsXP だから OS レベルの Trim 機能は無し。
別途で Intel のツールを入れたけど、ストレージデバイスの動作モードも IDE 互換だし~
それ以前にチップセットが AMD だし南無って感じなった。

とりあえずベンチだべ!! ちうことで CrystalDiskMark でぽちっと。

SSDSSD
HDDHDD

こんな感じに。
SSD と HDD の比較になります。
書込速度は遅いんだけど、ランダム系のアクセスが主なボトルネックになるのでこれだけの数値を
だしてくれると体感でも分かるくらいに速くなる。

とは言っても 40GB という少ない容量なので、ゲームのクライアント専用にするか OS の起動ドライブにするか。
この二択になりますね。自分はこれゲーム専用にしました。
OS のページファイルも一応は SSD に移してあるので多少はスワップアウトした分の処理は
速くなるかも知れない。

とりあえずはマウントしてゲームしているだけだから体感出来る作業はしていない。
強いて言えばゲームのローディングが速くなったって言うことかな (笑

スポンサーリンク