Intel X25 系のファームウェアアップデート

この記事は約4分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

X25-V (40GB) を使っているが、ファームウェアが 2CV102HB だったので 2CV102HD にするかなと。
ファームウェアは ISO イメージで提供されているが、たった 2MB ちょいの容量でメディアを消費するのは怠い。
そんなら USB ブートで PC を起動させ、ファームウェアをアップデートするプログラムを実行すればいいっしょ!! と。

そこであれこれググって調べてみたら、準備する物が多くてこれまた怠い。
んでまぁ、偶然少ないステップで出来る方法を見つけたので備忘録。

用意する物

* 仮想 CD/DVD ドライブ構築ソフト (今回は Alcohol 52% を使用した)
* SSD のファームウェアである ISO イメージ (ダウンロード元)
* HP USB Disk Storage Format Tool (ダウンロード元)
* 適当な USB メモリ (容量は 3~4MB もあればいいので)
以上 4 つ。
ダウンロードして HP USB Disk Storage Format Tool は Windows にインストールしておく。
今回使用した X25-V のファームウェアのファイルは「110902HD88208850.iso」だった。

仮想ドライブに関しては ISO イメージをマウント出来ればなんでも ok。Daemon Tools とかなんでも。

Step 1

ダウンロードした ISO イメージを仮想 CD ドライブにマウントしておく。

Step 2

HP USB Disk Storage Format Tool を実行する
HPUSBFT.png
「Device」には必ず USB メモリドライブのドライブレターを確認して選択すること
デバイス名がずれて上記スクリーンショットの通り、USB ドライブを選択してはいるが接続している他の
HDD になっています。
「File System」は FAT。
「Format Options」にある「Create a DOS startup disk」にチェックを入れる。
「using DOS system files located at :」ではファームウェアの ISO イメージをマウントした
ドライブのルートを指定してあげる。
今回、仮想 CD ドライブは Z ドライブにしているので、「Z:\」となっている。

でもって Start をすれば USB ブートメディアが完成。

Step 3

ファームウェアの ISO をマウントしたドライブにアクセスし、中身を全て「Step 2」で作った USB メモリにコピーする。

注意点としては、使用しているマザーボードによって USB ブートをした時にルートとなるドライブレターが
A であったり C であったりするかもしれない。
うちでは USB ブートすると、USB メモリデバイス自体は C ドライブとなっていたので、command.com を
読み込めずにエラーが出た。
そのままプロンプトで「command.com /P」って入れたら ok だったけど、めんどい場合は、作成した USB メモリ
にある「config.sys」の内容を編集してやる。とはいってもドライブパスを変えるだけ。

オリジナルは

DEVICE=A:\HIMEM.EXE
LASTDRIVE=Z
BUFFERS=20
FILES=40
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
SHELLHIGH=A:\command.com /P

USB メモリが C ドライブになる場合は

DEVICE=C:\HIMEM.EXE
LASTDRIVE=Z
BUFFERS=20
FILES=40
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
SHELLHIGH=C:\command.com /P

こんな感じで「DEVICE」と「SHELLHIGH」の行を修正するだけ。

Step 4

PC を起動、若しくは再起動して USB メモリから起動するだけ。
表示されるメッセージに従って Y を押していけば良いと思う。
 
 
 

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました