サブマシンのキーボードを Majestouch に交換

PC
この記事は約1分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 メインマシンのキーボード入れ替えに伴い、FILCO Majestouch の 108 Key なキーボードが余ったので、Logicool K270 というワイヤレスキーボードを外して入れ替えをした。


 なにやら机の上がゴチャゴチャっとしてきたけど、これでメインもサブも打ちやすい環境になった。昔は Majestouch 2 台構成だったのでウッドパームレストも 2 つあったから違和感無くタイピングが可能だったり。
20160409-DSC_0077

 とは言え、サブマシンであまりキーボードを叩く機会も無いから景観的な自己満足でしかないと思われるところ。
 また、よくよく見ると Realforce と Majestouch では ALT キーのサイズが異なることも気がついた。ALT キーは大きい方が押しやすいので Emacs やらで M- なんちゃらが使いやすい感じがした。
20160409-DSC_0073

スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました