Wonder Youth デイパックのレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Yoofor JAPAN より Wonder Youth デイパックのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品はメイン素材としてコットンを使用しており、デイパック内外に多くの収納を持つ。14inch サイズ迄のノート PC も入るスペースも確保されているし A4 サイズの書類も余裕で収納出来るデイパックである。

外観

正面

 サイズは縦 46cm 横 37cm マチ 15cm となっている。適応身長は 140~180cm なので幅広く使えるはずだ。実際に使った後の使用感から言うと 180cm 以上でもある程度なら問題無さそうにも思える。
20160410-DSC_0021

内部

 チャックを全部開ききると大きく口が開く。背中側には衝撃緩衝材の入ったポケットがあるから、ノート PC はここに。
20160410-DSC_0022

外側収納

 外側にはボタン留めのポケットとチャックの付いたポケットが付いている。頻繁に使う物の出し入れならボタン側、頻度が高くてもしっかり仕舞いたいのであればチャック側といった具合に使い分けも出来るからありがたい。
20160410-DSC_0023

フラップ部の収納

 フラップにもチャックの付いた収納がある。(この部分はフラップと言うらしい)
20160410-DSC_0026

外側底部両サイド収納

 写真左側はデイパックを背負うと右腕側に来るが、こちらには 500ml ペットボトルは入るが逆には入りきらない。
20160410-DSC_0025

各接続部観察

 耐久性に関わる部分なのである程度近寄って撮影をした。

最上部の接続部分

 縫い目が見えないので裏から全部ぎっちり縫い込んであるのだろう。特に問題もなさそうだ。
20160410-DSC_0031

ショルダーハーネス部分

 ハーネスのコットン地と茶色いベルトの接続部分は四角く縫って更にクロスした縫い方になっている。ほつれも無いから万全だと思われる。
 長さ調整を行う部分には金属製のバックルとなっているから割れる心配もない。
20160410-DSC_0029

ショルダーハーネスと本体底面接続部分

 ハーネスから茶色いベルトと繋がり、また本体と繋がる部分は力が垂直にかかるような角度が設けられており二重に縫い付けてある。こちらもまたほつれも無く固定されている。
20160410-DSC_0032

とりあえず色々入れて見る

 ノート PC を入れる所は衝撃緩衝材の入ったポケット。その上に A4 書類ケースを入れつつ折りたたみ傘も一緒に入れた。
 反対面のポケットにはちょっと大きめのモバイルバッテリーを入れて見たり、ペン類が普通に入ってしまう。
 底面両サイドのポケットにはお約束的に 500ml のペットボトルを差し込んだ。
20160410-DSC_0027

背負ってみる

 とりあえず色々入れて見た物をそのまま背負ってみた。適応身長は 180cm までとなっている所、筆者の身長は 179cm なのでギリギリサイズと思いきや丁度良い感じでまだ少し余裕があるようにも感じる。
20160410-DSC_0034
20160410-DSC_0036

まとめ

 筆者の好みはシンプルで多収納な物で有り、本製品はデザインも含めてドンピシャであり大変気に入った。
 少しベルトや固定パーツが多いかなと思うが、長さ調整と言ったカスタマイズが効くのも気が効いていて嬉しい所。
 偶に仕事で工具を持ち歩く事もあるので、緩衝材のおかげで金属のゴツゴツした感触も背中に直接当たる事無く持ち歩く事が出来そうだ。
 普段持ち用でも良いし、仕事用で両手を空けたい場合にも愛用出来そうだ。ただ、バスや電車と言った混み合う場所では背負ったままでなくて、前側に抱えるように持つ配慮も必要だろう。

スポンサーリンク