Ryzen 9 5950X で WHEA-Logger の ID 18 エラーが出た場合

PC
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 Ryzen 9 5950X が到着して速攻換装したものの、不定期若しくは再現性のある再起動が頻繁に発生し、イベントビューアに WHEA-Logger ID 18 が記録されていた。

イベント 18, WHEA-Logger

致命的なハードウェア エラーが発生しました。

コンポーネントによる報告: プロセッサ コア
エラー ソース: Machine Check Exception
エラーの種類: Cache Hierarchy Error
プロセッサ APIC ID: 12

 取り敢えず行うべき事と最終的な解決手段をメモしておこうとおもう。

原因の切り分け作業

 CPU 以外に原因がある可能性もあるので、ひとつずつ潰していく事となる。
 その為には BIOS で Load Defaults を行っておくのがベストかなと思われる。

  1. まずはメモリ。動作速度と動作タイミングの不整合により見えないところでエラーが発生し、再起動に陥る場合もある。
    よって、Memtest86 を 1 周やってエラーが出ないか―― とか Windows 上でメモリのストレステストを行ってエラーが無い事を確認する。

  2. グラフィックカードのドライバーは最新であるか確認する。

  3. 必要最低限の USB デバイスのみ (キーボード + マウスだけ等) の接続を行って再起動が掛からないか確認する。

  4. 可能であるなら違う CPU を載せて再起動が掛からないかを確認する。

 上に挙げた 1~3 を試行し、原因を排除していくこと。
 「4.」まで行えるのがベスト。理由は 1~3 に原因が無く、4 で異常があれば原因は CPU である事が濃厚となるため。
 筆者自身、テスト出来なかった物は 5950X を別のマザーに載せてテストする事。これはまな板上でなければかなり面倒な事になるが、原因を特定するに精度が上がる。

原因が CPU としか思えない場合

 切り分け作業にて CPU 以外のハードウェア/ソフトウェアに異常が無い場合、最終的には CPU が原因と断定するほか無い結果になることと思う。
 そう言った場合は……

販売店に状況を詳しく説明し、初期不良による交換を求める事が最善

 という事になるだろう……

 筆者は新品交換によって勝手に PC が再起動する現象が完全になくなり、CPU の初期不良が原因だったとしか言えない結果となったからだ。

 手間と時間の掛かる問題だが、最終的にはこれ以外解決方法は無いかと思われる。

おわりに

 CPU の不良なんていうのは本当に希で、筆者自身 A8-3870K で一度しか経験した事がない物だった。

 しかし 5950X (もしかしたら 5900X とかも?) に関しては国内は元より、海外のフォーラムでも同様の情報が上がっている。
 年々構造も複雑化してるしプロセスルールも微細化しているのでこう言った事が発生するのかなーと思うばかりである。
 結構この問題はメンタル面での疲労が凄かった。

スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました