Logicool G700 到着

この記事は約3分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

3/3 発注で 3/4 の夜に到着。Amazon プライム速いわ~!!
で、到着して実使用までを書いておく。

2011/03/05 12:10 追記 — ソール付けた

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700

新品価格
¥5,890から
(2011/3/5 03:03時点)


# 買った翌日に 350 円も値下がってくれた…orz

先ず気になっていた “箱” ですわ。
Logicool のマウスってブリスターパックになっている事が多く、開封時に手を切りそうになる
事が多い(´・公・)
だが今回のは違った。”箱” になっているので、滅多な事では怪我しないだろう。

箱に感動する所

中身取り出してみた。大きめのサイズとか記事見たりしていたけど、普通の大きさだった。
というか普通よりは多少なり大きめな手のサイズなので、これが丁度良いサイズだったわな。

カコイイ

一緒に購入した Airpad ProIII の普通サイズに合わせると丁度良いサイズだった。
親指の所のサイドボタンは 4 つ!! これが干渉無しで押し分けでける。素晴らしす(*゚Д゚)

Airpad ProIII で使用

ぐーるぐる回す事も出来るホイール。幅があるので押しやすい。
ホイールの所にある四角いボタンでホイールの回転動作を変更可能。ポイントデカイ。

ホイールの所

マウス先端には MicroUSB 端子が付いている。ここに付属のケーブルを挿すと…
内蔵している eneloop を充電できるという優れもの。なんというかこれがめちゃポイント。
しかし、繋ぎながらマウス操作は正直オススメできない。ケーブルが固いから重くなって
操作どころじゃないとおもう。寝る時に繋いでおけば翌日すっきりってやつか。

付属のケーブル繋ぐところ

参考までに同社の M305 M510 G700 MX400 でのサイズ比較。

左から M305 M510 G700 MX400

 
 
 
まとめ
値段は使い捨ての域を超えた様な一品だけど、相応の使い心地。当然だけど。
ボタンが多いんだけど、各々で干渉せず押しやすい。
G シリーズなのでゲーミングということだが、他にも使い道はいくらでも出てきそう。

買ったら購入証明になる伝票と保証書は一緒に保存しておきたい。
“3 年間無償保証” となっているから、末永く使いたい物ですな。

この際だからと高めのマウスパッドも買ったけど、相性は抜群であった。
Airpad ProIII もこれまた逸品なので、値段張るけど買って損無し。
布地だと汚れたりして終わるし、プラスティック製だとすり減ったりで乙るのが多い。
だがシリコンゴム製で、汚れたら洗える。使い心地も抜群。ヌルヌル滑る。

Airpad ProIII 標準サイズ ソール付き

パワーサポート エアーパッドプロ究極セットIII(エアーパッドソール付属、マットブラック) 標準サイズ PAQ-71

新品価格
¥2,300から
(2011/3/5 03:45時点)

以上!!

以下追記分
2011/03/05 12:10 ソール取り付けてみた。
専用のソールが付属しているので、折角だし付けてみるかな!? ということで装着。
5 種類入っているうち、AS-44 という 6mm 丸型の 0.45mm 厚サイズのを付けた。
標準のソールより微妙に高い感じになるのでこのくらいがベストかなと。
取り付けたのは 5 つ。以下の写真通り。

ソールを付けた。

もっとなめらかに滑るようになった。専用ソールと組み合わせれば、大体同じ
滑りになってくれると思うのでありがたいわな~。
ソールがすり減って聞きが悪くなる事もあるだけに、替えが効くのもでかいね。

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました