[PR Review] LOTW 5V/2.5A USB 充電器 / RaspberryPi 3/2/Zero, スマートフォン用

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度、LOTW-JP より 5V/2.5A USB 充電器のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は Raspberry Pi 3 用として販売されている USB 充電器である。Raspberry Pi 3 は動作に最大 5V/2.5A という比較的高い電流を必要とするので、安定した動作には本製品の様なスペックを持つ USB 充電器が必要だ。
 筆者は Raspberry Pi 3 を未だ所持していない状態なので、動作検証にはスマートフォンと入力の大きいモバイルバッテリーを使用した。

パッケージ

20160806-DSC_0001

外観

スペック

20160806-DSC_0006

  • AC 入力 : 100~240V 50/60Hz Max 0.35A
  • USB 出力 : 5V 2.5A
  • サイズ : 実測 高さ 39.4 x 横幅 27.2 x 奥行 37.8 (mm)
  • 重量 : 実測 41.1g

動作検証

 スマートフォンである Xperia X Performance への給電で出力される電力を見た。給電量を見る為なのでスマートフォンでは電力を消費するように負荷をかけた状態とする。
 結果は 5.2V 前後の電圧で 1.1A 前後の電流で落ち着いた。スマートフォンの場合は入力される電流量は適切に制御されるので 2A 以上の電流が流れることは殆どない。
20160806-DSC_0010
 モバイルバッテリーでは入力に 5V/3A までをサポートした物を使用した。
 こちらは本製品上限である 2.5A を突破して 2.7A まで出力された。Raspberry Pi 3 など最大で 2.5A を要求されようとも、多少のマージンは合った方が良いのだろうが、記載スペック以上の出力があるとその分負荷も大きいから発熱には注意したい。
 非接触型温度計にてこの時のボディ温度を計測した所、最も発熱した部分では 79.4℃ に達していた。火傷に注意である。
20160806-DSC_0020

おわりに

 Raspberry Pi 3 用に最適であると思われるが、Quick Charge 非対応端末で 2A 以上の入力に対応したデバイスの充電にも最適であると思われる。
 また、本製品は USB の口と電源プラグの向きが 45 度捻れた関係になっているので、電源タップでの使用時に割と USB ケーブルを挿しやすいことも特長の一つであると感じた。

スポンサーリンク